メインメニューを開く

伊豆千代丸

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

伊豆千代丸(いずちよまる)


武田 伊豆千代丸(たけだ いずちよまる、? - 永享5年(1433年)?)は、室町時代武将甲斐武田氏武田信長の長子。武田清嗣の兄。叔父の同国守護武田信元(穴山満春)の猶子となって、その家督を継ぎ、跡部氏ら諸豪族を相手に各地を転戦するが、守護としての実権を取り戻すことはできなかった。『甲斐国志』によれば、永享5年(1433年)に跡部氏輪宝一揆を従え伊豆千代丸を討とうとすると、父信長は鎌倉から戻り日一揆と共に伊豆千代丸に加勢するが、荒川河原の合戦で敗死したとする。別説では、甲斐を逃れて元服後に父が興した上総武田氏第2代当主の武田信高になったとも言われている。

脚註編集

  1. ^ 秋山敬によると、山梨県甲州市塩山熊野の熊野神社にある寛正3年(1462年)銘棟札に「武田伊豆千代丸」の名が見られ、これは信昌の幼名を指すと考えられている。