メインメニューを開く

伊達 宗信(だて むねのぶ、1603年慶長8年) - 1627年7月9日寛永4年5月26日[1])は、仙台藩初代藩主伊達政宗の六男(第7子)。母は側室の於山方。幼名は吉松丸。通称は越前守。岩ヶ崎伊達家第2代当主。

生涯編集

慶長8年(1603年)、伊達政宗の六男として伊達家江戸屋敷に生まれる。元和元年(1615年)10月に元服し、越前宗信と名乗る。

元和4年(1618年)5月、岩ヶ崎伊達家当主で同年生まれの異母兄・伊達宗綱が15歳で早世したため、その養子となって岩ヶ崎伊達家を継承する。後見人は宗綱に続き茂庭綱元が務めた。寛永元年(1624年)7月、筑前宗信と改める。

寛永4年(1627年)、没す。享年24。墓所は岩ヶ崎の黄金寺。岩ヶ崎伊達家は後嗣なく断絶となる。

脚注編集

  1. ^ 伊達治家記録では8月8日と記載。

参考文献編集

先代:
伊達宗綱
岩ヶ崎伊達家
第2代
次代:
断絶