メインメニューを開く
伊達宗基

伊達 宗基(だて むねもと、1866年8月24日慶応2年7月15日) - 1917年大正6年)1月27日)は、陸奥国仙台藩の第14代藩主。藩主(大名)としては最後となる。伊達氏第30代当主。官位は仙台藩知事従二位伯爵。第13代藩主・伊達慶邦の四男。母は仙台藩士松岡静吉時良の娘、お勝の方。正室は松浦詮の娘。

目次

生涯編集

慶応4年(1868年)、父・慶邦が奥羽列藩同盟の盟主になったために罰された。のち家督を譲られて藩主に就いたものの、父の代に62万石の所領を幕府により表高は28万石に減封される。実高はもっと低く10万石程度であったために伯爵(「侯爵#日本の侯爵家」、「伯爵#日本の伯爵家」参照)。明治2年(1869年)の版籍奉還後、仙台藩知事となり、北海道紗那支配も命ぜられた。官位は正四位。

しかし幼少であり、本来なら慶邦の跡を継ぐのは養子の宗敦であったため、明治3年(1870年)に謹慎を解かれた宗敦に藩知事を譲った。廃藩置県後、明治17年(1884年)に伯爵となる。明治44年(1911年)には正三位。大正6年(1917年)には従二位。同年、52歳で死去する。伊達伯爵家は弟の邦宗(慶邦の七男)が継いだ。

栄典編集

系譜編集

偏諱を与えた人物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  2. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。
  3. ^ 『官報』第8552号「叙任及辞令」1911年12月21日。


日本の爵位
先代:
創設
伯爵
仙台伊達家初代
1884年 - 1917年
次代:
伊達邦宗