伊達宗実 (宇和島伊達家)

伊予宇和島藩の世嗣

伊達 宗実(だて むねざね)は、江戸時代前期の伊予国宇和島藩の世嗣[1]

 
伊達宗実
時代 江戸時代前期
生誕 慶長17年(1612年
死没 寛永21年7月14日1644年8月16日
別名 千松
戒名 冷照院月山宗珠
官位 左近太夫
伊予宇和島藩世嗣
氏族 伊達氏(宇和島伊達家)
父母 伊達秀宗井伊直政娘・亀
兄弟 宗実宗時宗利、菊、萬、鶴松、
桑折宗臣宗純、徳松、宗職、竹松、松、岩松、清、宗則
テンプレートを表示

生涯編集

初代藩主・伊達秀宗の長男[1]

秀宗の正室の子で嫡子であったが病弱であったため、寛永14年(1627年)に嫡を辞し、弟・宗時に嫡子の座を譲った[1]。寛永21年(1644年)、父に先立ち33歳で死去した[1]。なお、宗実の早世は和霊騒動による山家公頼の祟りと噂された[2]

宗実は文化人・教養人として知られ、『源氏物語』を54冊に書写しており[1]、宗実没後は弟・宗利の正室の稲姫(松平光長の娘)によって書き継がれている[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 宇神 2011, p. 72.
  2. ^ 宇神 2011, p. 63.
  3. ^ 宇神 2011, p. 73.

参考文献編集