メインメニューを開く

伊達 宗徳(だて むねえ)は、江戸時代後期の大名伊予国宇和島藩9代(最後の)藩主。兵五郎。別名に紀周(ただちか)、宗周(むねちか)。号は馨山。官位従四位下遠江守、のち正二位華族令施行により伯爵、その後明治24年(1891年4月23日に、養父伊達宗城の勲功により侯爵陞爵。

 
伊達宗徳
Date Munee.jpg
伊達宗徳
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政13年閏3月27日1830年5月19日
死没 明治39年(1906年11月29日
改名 扇松丸(幼名)→宗徳
別名 紀周、宗周、兵五郎、号は馨山
戒名 霊照院殿旧宇和島城主正二位馨山宗徳大居士
墓所 愛媛県宇和島市野川の大隆寺
官位 従四位下遠江守正二位
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜明治天皇
伊予宇和島藩
氏族 伊達氏
父母 父:伊達宗紀、母:吉見氏
養父:伊達宗城
兄弟 徳千代、宗徳、篤之助、松平忠淳、就、長、喜、貞、信、正子、節子ら
養兄弟:宗城
正室:毛利斉元次女・孝子
継室:佐竹義厚長女・佳子
宗陳富子本多康虎紀隆、武四郎、剛吉郎、丹羽長徳一柳直徳重正二荒芳徳、十郎

目次

生涯編集

7代藩主・伊達宗紀の三男。幼名は扇松丸。

天保8年(1837年)、従兄で8代藩主・宗城の養嗣子となり、安政5年(1858年)11月23日に宗城が井伊直弼安政の大獄で隠居処分となったため、家督を継承した。藩主就任後も実権は宗城に掌握されていたが、それでも宗城の改革路線を引き継いで専売制の強化、西洋式軍制の導入、教育などの普及など様々な改革で成果を挙げている。しかし、やはり宗城の存在は大きく、宗徳はお飾りの立場に近かった。

明治39年(1906年)11月29日、77歳で死去した。法号は霊照院殿旧宇和島城主正二位馨山宗徳大居士。墓所は愛媛県宇和島市野川の大隆寺

栄典編集

系譜編集

系譜編集

  • 伊達氏
            井上三郎
              ┃
              ┣━━━井上光貞
              ┃    ┃
        井上馨━━千代子   ┃
                   ┃
       伊達宗徳━━二荒芳徳  ┃   
               ┃  ┏明子
               ┣━━┫
               ┃  ┗治子
   北白川宮能久親王━━━拡子   ┃
                   ┃
            石坂泰三 ┏石坂一義
               ┃ ┃
               ┣━╋石坂泰介
               ┃ ┃   
         織田一━━雪子 ┣石坂泰夫
                 ┃
                 ┣石坂泰彦
                 ┃
                 ┣石坂信雄
                 ┃
                 ┣智子
                 ┃
                 ┗操子
                  ┃
           霜山精一━━霜山徳爾

 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  2. ^ 『官報』第5089号「叙任及辞令」1900年6月21日。


日本の爵位
先代:
陞爵
侯爵
宇和島伊達家初代
1891年 - 1905年
次代:
伊達宗陳
先代:
叙爵
伯爵
(宇和島)伊達家初代
1884年 - 1891年
次代:
陞爵