伊達 宗房(だて むねふさ)は、江戸時代前期の陸奥国仙台藩一門第七席・宮床伊達家初代当主。仙台藩5代藩主伊達吉村の実父である。

 
伊達宗房
時代 江戸時代前期
生誕 正保3年8月5日1646年9月14日
死没 貞享3年1月13日1686年2月5日
改名 伊達卯之助(幼名)、田手宗房、伊達宗房
別名 肥前
戒名 覚照寺殿悟山了実大居士
墓所 宮城県黒川郡大和町の覚照寺
主君 伊達忠宗綱宗綱村
陸奥仙台藩
氏族 伊達氏田手氏宮床伊達家
父母 伊達忠宗、山戸土佐娘・たけ
田手高実
兄弟 鍋姫、虎千代丸、光宗田村宗良
五郎吉宗倫綱宗宗規宗房
飯坂宗章
田手高実娘・法林院
片倉景長長女・於松
吉村村興
テンプレートを表示

生涯編集

正保3年(1646年)8月5日、仙台藩2代藩主・伊達忠宗の八男として誕生。幼名は卯之助

慶安2年(1649年)、前年に死去した一族・田手高実の婿養子に迎えられて田手家を継ぎ、江刺郡上口内領主となる。万治2年(1659年)8月28日、高実の実子・貞実の元服に合わせて田手家の名跡を貞実に譲る。別家を興すことになった宗房には伊達姓が与えられ、一門の家格に列して磐井郡大原に知行替えとなった。翌万治3年(1660年)に黒川郡宮床に所領を拝領すると、寛文6年(1666年)には同地に居館を構え、宗房の子孫は柴田郡川崎城に居館を移した一時期を除き、幕末に至るまで宮床を本拠とした。このため宗房の家系を宮床伊達家と称する。

寛文7年(1667年)6月2日、正室・法林院が死去する。宗房と法林院の間には子供がおらず、義弟・貞実も寛文5年(1665年)6月16日に跡継ぎを残さず死去しており、このため田手家宗家の血統は断絶した。延宝4年(1676年)6月25日、片倉景長の娘・まつを後妻に貰い受ける。まつとの間には男子2人が生まれた。

貞享3年(1686年)1月13日死去。享年41。長男・助三郎(村房)が家督を相続した。この助三郎がのちの仙台藩5代藩主・伊達吉村である。

系譜編集

  • 父:伊達忠宗(1600-1658)
  • 母:たけ - 側室。山戸土佐の娘
  • 養父:田手高実
  • 正室:法林院(?-1667) - 田手高実の娘
  • 継室:於松 - 貞樹院、片倉景長の長女
    • 長男:伊達吉村(1680-1752) - 宮床伊達家2代当主、のち仙台藩5代藩主
    • 次男:伊達村興(1683-1766) - 始め小梁川宗英養子、のち実家に戻り宮床伊達家3代当主
     ┏田手貞実
田手高実━┫
     ┗法林院
       ┃
      伊達宗房 ┏伊達吉村(村房)
       ┣━━━┫
片倉景長━━まつ   ┗伊達村興

参考文献編集

  • 『大和町史』下巻(宮城県黒川郡大和町、1977年)
  • 平成『仙台市史』通史編4〔近世2〕(宮城県仙台市、2003年)
先代:
田手高実
田手家
1649年 - 1659年
次代:
田手貞実
先代:
宮床伊達家
初代:1659年 - 1686年
次代:
伊達村房