メインメニューを開く

伊達 宗景(だて むねかげ)は、江戸時代前期の武士陸奥国仙台藩一門第三席水沢伊達家4代(留守氏21代)当主。

 
伊達宗景
Date Munekage.jpg
伊達宗景(大安寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶安3年12月7日1651年1月28日
死没 延宝3年3月14日1675年4月8日
改名 寅之助(幼名)→宗景
別名 上野
戒名 照岳協公大居士
墓所 岩手県奥州市大安寺
主君 伊達綱宗綱村
陸奥仙台藩
氏族 水沢伊達家
父母 父:伊達宗直、母:伊達定宗娘・多与
兄弟 宗景、猿松
正室:松平忠久養女・悦子(月心院、黒田光之三女)
養子:村任(伊達綱宗次男)
テンプレートを表示

生涯編集

慶安3年(1651年)12月7日、水沢伊達家3代当主・伊達宗直の長男として伊澤にて誕生する。

万治2年(1659年)、江戸幕府証人を務めるために江戸に下向し、元服する。3代藩主・伊達綱宗より偏諱を受けて宗景と名乗る。万治3年(1660年)、江戸城で4代将軍・徳川家綱に拝謁し、時服を賜る。

寛文3年(1663年)5月、父・宗直の死去により家督相続する。寛文7年(1667年)江戸詰めの際に、福岡藩3代藩主・黒田光之の三女・悦子と恋仲になり翌年室に迎える。この際、国主の姫と陪臣との婚姻は身分不相応であったため、家老の中目興三郎らが奔走し、旗本松平忠久の養女として宗景に嫁いだ。

寛文10年(1670年)、伯父涌谷伊達宗重と登米伊達宗倫の所領紛争が、藩主後見・伊達宗勝の介入で、宗重に一方的に不利な裁定となったことをきっかけに、宗重は、宗勝の専横を幕府に訴えることになる。宗景は、伯父宗重の側の立場から、舅松平忠久の協力を仰いだ。

延宝3年(1675年)3月14日、仙台で死去した。享年26。嗣子がなく、4代藩主・伊達綱村の実弟・村任が遺跡を相続した。

出典編集

  • 『水沢町誌』

関連項目編集