伊達 宗泰(だて むねやす)は、江戸時代前期の陸奥国仙台藩一門第八席・岩出山伊達家初代当主。官位従五位下三河守

 
伊達宗泰
時代 江戸時代前期
生誕 慶長7年(1602年
死没 寛永15年12月23日1639年1月26日
改名 愛松丸(幼名)、宗泰
戒名 実相寺殿苔巌青公大居士
墓所 宮城県大崎市の伊達家御霊屋
官位 従五位下三河守
主君 伊達政宗忠宗
陸奥仙台藩
氏族 岩出山伊達家
父母 伊達政宗祥光院
兄弟 秀宗五郎八姫忠宗宗清津多
亘理宗根宗泰宗綱宗信宗高
牟宇姫、竹松丸、宗実岑姫宗勝
千菊姫
伊達宗利長女・池照院
瓊林院
宗敏、右京、福原資房
テンプレートを表示

生涯編集

慶長7年(1602年)、仙台藩初代藩主・伊達政宗の四男として伏見屋敷にて誕生した。幼名は愛松丸(よしまつまる)。傅役は山岡重長安積重遠の2人で、山岡は奉行職との兼任であった。

慶長8年(1603年)8月、青葉城の完成に伴い政宗が岩出山城から居城を移すと、同年11月、愛松丸に岩出山城と知行3000石(家臣の俸禄は本藩からの直接支給)が与えられ、傅役の山岡が城代を務めた。

慶長19年(1614年)2月7日、仙台にて元服し、宗泰と名乗り、寛永2年(1625年)に一門・伊達宗利の長女を正室に迎える。寛永3年(1626年)、弟・宗高と共に江戸へ上る兄・忠宗に随行し、大御所徳川秀忠と3代将軍・徳川家光に拝謁する。寛永4年(1627年)11月27日、従五位下・三河守に叙任され、同年12月には知行を10670石に加増された。以後、政宗の命により宗泰は居城の岩出山には戻らず、一時帰国の間を除いては江戸に常駐して[1]大名並の勤めを果たすことになる(『伊達世臣家譜』は「五万石の分を以て将軍幕下に仕う」と記す)。これは政宗が仙台藩からの分知によって支藩を立てるのではなく、庶長子・秀宗のように新恩給与によって大名へ取立られることを期待して行わせたもので、政宗は幕府に対し重ね重ね宗泰への新恩拝領を懇請したが、結局は実現しなかった。

寛永15年12月23日(1639年1月26日)江戸にて死去。享年37。嫡男の宗敏が家督を相続した。

系譜編集

  • 父:伊達政宗(1567年 - 1636年)
  • 母:祥光院(1583年 - 1656年) - 側室。
  • 正室:池照院 - 伊達宗利の長女
  • 側室:瓊林院 - 服部意伯の娘

脚注編集

  1. ^ 平成『岩出山町史』では、愛宕下の仙台藩中屋敷に居を構えていたのではないかと推測している(通史編上巻、311頁)

参考文献編集

  • 昭和『岩出山町史』上(宮城県玉造郡岩出山町、1970年)
  • 平成『岩出山町史』通史編・上巻(宮城県大崎市、2009年)
先代
岩出山伊達家
初代:1603年 - 1639年
次代
伊達宗敏