メインメニューを開く

伊達宗清 (吉岡伊達家)

吉岡伊達家当主

伊達 宗清(だて むねきよ)は、江戸時代初期の仙台藩一門の重臣。陸奥国黒川郡吉岡城主。

 
伊達宗清
時代 江戸時代前期
生誕 慶長5年(1600年
死没 寛永11年7月22日1634年8月15日
改名 権八郎(幼名)→宗清
墓所 宮城県黒川郡大和町吉岡の天皇寺
官位 河内
主君 伊達政宗
氏族 伊達氏→飯坂氏→伊達氏
父母 父:伊達政宗、母:六郷道行娘・新造の方
養父:飯坂宗康、養母:飯坂宗康娘・飯坂氏[1]
兄弟 秀宗忠宗宗清宗泰宗綱宗信宗高、竹松丸、宗実宗勝亘理宗根五郎八姫牟宇姫岑姫千菊姫津多
正室:留守宗利
養子:飯坂定長桑折重長子)

慶長5年(1600年)、伊達政宗の三男として生まれる。慶長9年(1604年)に飯坂宗康の養嗣子となる。慶長15年(1610年)に11歳で元服し、後に伊達姓を賜り伊達河内守宗清と称した。黒川郡吉岡3万8千石を領し下草城に入り、元和元年(1615年)に吉岡要害の築城にかかり、翌年に吉岡要害に移った。

しかし、子に恵まれないまま、寛永11年(1634年)7月22日に死去した。享年35。墓所は天皇寺にある。桑折重長の子・定長が跡を継いだ。死去の際に大和田佐渡ほか13人が殉死した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新造の方が生母で飯坂の局が養母とする説(『飯坂盛衰記』『竜華山史』)、飯坂の局が生母とする説(『寛政重修諸家譜』)などがあり、大河ドラマ『独眼竜政宗』では後者を採用している。

関連項目編集

外部リンク編集