メインメニューを開く

伊達宗綱 (岩ヶ崎伊達家)

仙台藩主伊達政宗の五男

伊達 宗綱(だて むねつな、慶長8年(1603年) - 元和4年5月28日1618年7月20日))は、仙台藩初代藩主伊達政宗の五男(第6子)。正室愛姫との間の第3子。幼名は卯松丸。栗原郡岩ヶ崎要害主、岩ヶ崎伊達家初代当主。

生涯編集

慶長8年(1603年)、伊達家江戸屋敷にて誕生する。生母の愛姫は、この年2月に5歳の虎菊丸(嗣子の忠宗)を伴って京都伏見の伊達屋敷より江戸の伊達屋敷へ下向し、居を移していた。卯松丸と名付けられ、御守りとして茂庭綱元が任ぜられる。同じ年、江戸屋敷では側室の於山方が六男の吉松丸(宗信)を産んでいる。

慶長18年(1613年)12月19日、卯松丸が養育されていた茂庭綱元宅に父・政宗が出向いて卯松丸の元服を命じ、宗綱(通称は摂津)と名付けた。のち、政宗より陸奥国栗原郡岩ヶ崎3万石を与えられ、岩ヶ崎要害主となる。

元和2年(1616年)12月24日、江戸城に登城し、将軍徳川秀忠に拝謁する。

元和4年(1618年)5月28日、病にて没す。享年16。墓所は仙台市の松音寺。

このとき、父政宗は早すぎる宗綱の死を悲しみ、和歌を捧げた。

  • いとけなき 人は見果ぬ 夢かとよ うつつに残る 老の身ぞうき
  • 散るとても 御法をうくる 華の舟 うかびて到る 汀(みぎは)ならまし

宗綱に子はいなかったため、異母弟の宗信が岩ヶ崎を継いだ。

参考文献編集

先代:
岩ヶ崎伊達家
初代
次代:
伊達宗信