メインメニューを開く

伊達 宗衡(だて むねひら)は、江戸時代後期の武士陸奥国仙台藩一門第三席水沢伊達家11代(留守氏28代)当主。

 
伊達宗衡
時代 江戸時代後期
生誕 寛政11年9月21日1799年10月19日
死没 慶応2年1月8日1866年6月14日
改名 繁太郎(幼名)→景衡(初名)→宗衡
別名 小源吾、下総、将監
戒名 浄源院殿故将監清山宗栄公大居士
墓所 岩手県奥州市大安寺
主君 伊達斉宗斉義斉邦
陸奥仙台藩
氏族 水沢伊達氏
父母 父:伊達村福、母:片倉村典
正室:中村景貞娘・以与子
愛姫(片倉邦憲正室)、邦命
留守邦寧(五男)

目次

生涯編集

寛政11年9月21日、水沢伊達家10代当主・伊達村福の長男として水沢に誕生。幼名は繁太郎、初名は景衡(かげひら)。

文化8年(1811年)閏2月、10代藩主・伊達斉宗の加冠で元服、その一文字を拝領して宗衡に改名。文政3年(1820年)5月、父・村福の隠居により家督と知行1万6000石を相続し、水沢邑主となる。同年領内巡察の11代藩主・斉義を水沢に迎える。天保2年(1831年)名(通称)を将監と改める。天保3年(1832年)、12代藩主・斉邦の帰国許可の謝使として江戸に下り、江戸城で11代将軍・徳川家斉と世子家慶に拝謁する。天保12年(1841年大槻平泉門下の儒学者堀籠膽水の建議により、領内に郷校立生館を創立し、膽水を初代教授とした。[1]

嘉永5年(1852年)、家督を長男・邦命に譲り隠居する。慶応元年(1865年)8月邦命が先立って没したため、次男・景道(邦寧)が家督を相続した。慶応2年(1866年)1月8日死去。享年68。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 膽水は後に、本藩世子伊達茂村の傳役を務めた。

出典編集

  • 『留守系譜』

関連項目編集