メインメニューを開く
伊達巻
伊達巻作りには必須の巻き簾

伊達巻(だてまき)は、料理の1つ。伊達巻き卵とも。長崎においてはカステラ蒲鉾とも呼ばれる。

目次

概要編集

伊達巻は、白身魚やエビ擂り身に溶き卵と出汁を加えてよくすり混ぜ、みりん砂糖で調味して焼き上げる。熱いうちに巻き簾(まきす)で巻いて形を整える。家庭で作る場合はすり身の代わりに、入手が容易く同じ原材料を用いた魚肉練り製品のはんぺんを代用とすることがあり、日本の正月御節料理には欠かせない一品である。

なお、銚子などの地方ではこれで酢飯や具を巻いた伊達巻寿司が供されている[1]

製法はカステラに似ている部分も多く、すり身を用いる江戸前寿司の「玉子焼き」とも酷似している。スポンジケーキ状に焼くにはオーブン(天火)の存在が不可欠であることから、ポルトガルのロールケーキである「トルタ・デ・ラランジャ」の技法が応用されたと考えられる[2]

名称の由来編集

伊達巻という名前の由来については、

  1. 伊達政宗の好物だったことから伊達巻と呼ばれるようになったという説
  2. 普通の卵焼きよりも味も見栄えも豪華なために、洒落て凝っている装いを意味する「伊達もの」から伊達巻と呼ぶようになったという説
  3. 女性用の和服に使われる伊達巻きに似ていることからこう呼ぶようになったという説

など諸説ある。

脚注編集

参考文献編集

  • 猫井登『お菓子の由来物語』幻冬舎、2008年9月。ISBN 978-4779003165

関連項目編集