メインメニューを開く

伊達 村利(だて むらとし)は、江戸時代中期の武士陸奥国仙台藩一門第三席水沢伊達家7代(留守氏24代)当主。

 
伊達村利
時代 江戸時代中期
生誕 享保16年(1731年
死没 宝暦6年6月25日1756年7月21日
改名 亥之助(幼名)→村利
別名 景利、右近、主水
戒名 献厳俊宗大居士
墓所 岩手県奥州市の大安寺
主君 伊達宗村
陸奥仙台藩
氏族 水沢伊達家
父母 父:伊達村景、母:小幡治兵衛娘・須美
兄弟 村明村利
伏(伊達村倫室)、薫(大内義実室)、千久(泉田胤時室)、
喜和(伊達村富正室)
正室:石川村満娘・千重
村儀
テンプレートを表示

生涯編集

享保16年(1731年)、水沢伊達家6代当主・伊達村景の次男として誕生する。幼名は亥之助

延享3年(1746年)5月、兄・村明の早世により嫡男となる。延享5年(1748年)5月18日元服。6代藩主・伊達宗村より偏諱を受け村利と名乗る。

宝暦3年(1753年)1月27日、父・村景の死去により家督を相続する。宝暦4年(1754年)5月、家臣の小姓番山崎為教(杢左衛門)が隠し念仏の導師として本藩に捕らえられ、磔となる事件が起こった。

宝暦6年(1756年)6月25日、死去。享年26。家督は嫡男・村儀が相続した。

系譜編集

出典編集

  • 『留守系譜』

その他編集

2016年4月15日に、水沢伊達家の菩提寺大安寺の墓地から、婚礼時に正室千重の使用した女乗物が出土した。

関連項目編集