メインメニューを開く

伊達 村嘉(だて むらよし、延享2年10月28日1745年11月21日) - 安永4年12月12日1776年1月3日))は、江戸時代中期の伊達氏一門。伊達村茂の子。幼名は喜代之助、通称は肥前、出羽、対馬。初名は実延。宮床伊達家第5代当主。

略歴編集

延享2年(1745年)10月28日一門宮床邑主伊達村茂の子として仙台に生まれる。寛延2年(1749年)9月16日父村茂が死去し、27日に家督を相続し宮床邑主となる。宝暦3年(1753年)4月藩主伊達宗村に初めて拝謁する。7月藩主宗村の面前で元服、一文字拝領し「村嘉」と名乗る。子が無く実弟の村頼を養子とするも早世。明和8年(1771年)一門伊達村敏の子大四郎(村烈)を養子とする。

安永4年(1776年)12月12日死去。享年28。家督は養子の村烈が相続した。

系譜編集

参考文献編集

  • 『宮城県黒川郡誌』
先代:
伊達村茂
宮床伊達家
第5代
次代:
伊達村烈