伊達 村定(だて むらさだ)は、江戸時代中期の武士陸奥国仙台藩一門第四席涌谷伊達家5代(亘理氏23代)当主。

 
伊達村定
時代 江戸時代中期
生誕 貞享4年4月25日1687年6月4日
死没 享保8年10月20日1723年11月17日
改名 卯之吉(幼名)、村定
別名 源五郎、兵庫(通称)
戒名 龍章院寛海惟巌大居士
墓所 宮城県遠田郡涌谷町見龍寺
主君 伊達吉村
陸奥仙台藩
氏族 涌谷伊達氏
父母 伊達村元伊達綱宗次女・類姫
兄弟 村定村景、安子
泉田虎時
側室
涼、愛、村盛村胤、園
テンプレートを表示

略歴編集

貞享4年(1687年)、伊達村元の子として誕生。仙台藩4代藩主・伊達綱村偏諱を受け村定と名乗る。

泉田虎時の娘から村盛が、その後某室から村胤が誕生した。

父の跡を継いで涌谷伊達家の当主となるが、家督を相続して僅か5年後の享保8年(1723年)に死去。享年37。跡は長男・村盛が継いだ。

系譜編集

偏諱を受けた人物編集

関連項目編集

仙台藩の家格

先代:
伊達村元
涌谷伊達氏(亘理氏)
5代(23代):1718 - 1723
次代:
伊達村盛