メインメニューを開く

伊達 村泰(だて むらやす)は、江戸時代前期から中期にかけての武士岩出山伊達氏4代当主。

 
伊達村泰
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 天和2年(1682年
死没 享保16年4月20日1731年5月25日
別名 直養臨江(字)、通称:孫吉、主馬、弾正
主君 伊達綱村吉村
陸奥仙台藩
氏族 涌谷伊達氏岩出山伊達氏
父母 父:伊達宗元、母:伊達宗敏
養父:伊達敏親
兄弟 村元村泰(五男)
冷泉為綱娘・伊与
村緝村敏伊達村詮養子)
テンプレートを表示

略歴編集

天和2年(1682年)、伊達宗元の五男として誕生。母方の叔父である岩出山伊達氏3代伊達敏親の養子となり、家督を継いだ。

学問所有備館に学者の佐久間洞厳を招聘した。

また京の職人を呼び寄せて、藩士に竹細工などの内職を学ばせた。

系譜編集

先代:
伊達敏親
岩出山伊達氏
第4代
次代:
伊達村緝