メインメニューを開く

伊達 邦成(だて くにしげ、天保12年10月28日1841年12月10日) - 明治37年(1904年11月29日)は、仙台藩一門・亘理伊達家第14代当主。通称は靫負、藤五郎、安房。

 
伊達邦成
Kunishige Date.jpg
伊達邦成
時代 江戸時代から明治時代
生誕 天保12年10月28日1841年12月10日
死没 明治37年(1904年11月29日
別名 靫負・藤五郎・安房
戒名 後大雄寺殿天山慈照大居士
墓所 伊達市霊園
官位 安房守
仙台藩
氏族 亘理伊達家
父母 父:伊達義監 養父:伊達邦実
兄弟 伊達邦直
豊(伊達邦実次女)
伊達基(もとい)・伊達成保
成子(佐竹義準の妻)
亀久子(亘理胤正の妻)
祐子(石川光輝の妻)
テンプレートを表示

戊辰戦争で新政府軍に敗れ、99%以上の知行を取り上げられたため、家臣団と共に北海道開拓に活路を求めた。開拓の功により、勲四等を叙勲され、男爵に叙せられている。

鹿島国足神社祭主。のちにキリスト教徒日本基督一致教会の信徒)[1]となったが、伊達神社および開拓神社祭神ともなっている。

人物編集

仙台藩領において、岩出山伊達家当主・伊達義監の次男として生まれ、亘理伊達家第13代・伊達邦実の婿養子となった。実兄は伊達邦直

亘理領主となり、戊辰戦争では海道筋に出兵した。藩主・伊達慶邦の命により和平交渉を担い、講和への道筋をつくった。

仙台藩降伏後、知行を23,853石から58石(従前の0.24%)へと減らされたため、数百名もの家臣団を養うことが不可能になり、家老・常盤新九郎(田村顕允)の意見により明治3年(1870年)から数次にわたって家臣らを率い、家族と共に北海道に移住、胆振国有珠郡(現在の伊達市)を開拓した。

明治9年(1876年4月8日、国足神社建立に伴い、祭主として遷座祭を執行した[2]。一方、明治19年(1886年)に押川方義から洗礼を受け、日本基督一致教会の信徒となった[1]。明治25年(1892年)、開拓の功により、勲四等瑞宝章を受勲、男爵に叙せられた。

墓地は伊達市霊園にある。戒名「後大雄寺殿天山慈照大居士」。昭和10年(1935年)、有珠郡開拓の先覚者であり偉勲者であるとして、田村顕允と共に伊達神社に祀られた[2]

栄典編集

系譜編集

関連作品編集

小説編集

脚注編集

  1. ^ a b 福島恒雄『北海道キリスト教史』日本基督教団出版局、1982年、221頁。
  2. ^ a b 伊達神社
  3. ^ 『官報』第2719号「叙任及辞令」1892年7月21日。
  4. ^ 『官報』第2793号「叙任及辞令」1892年10月18日。
  5. ^ 『官報』第2805号「叙任及辞令」1892年11月1日。

参考文献編集

  • 高倉新一郎編『明治の群像8 開拓と探検』三一書房、1971年
  • 日本聖公会歴史編集委員会編『あかしびとたち―日本聖公会人物史』日本聖公会出版事業部、1974年
  • 福島恒雄『北海道キリスト教史』日本基督教団出版局、1982年

外部リンク編集

日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
(亘理)伊達家初代
1892年 - 1904年
次代:
伊達基