メインメニューを開く

伊都 ヨシギク(いと ヨシギク、1856年8月3日安政3年7月3日) - 1966年昭和41年)11月26日[1])は、女性長寿日本一だった和歌山県の女性(ジェロントロジー・リサーチ・グループ(GRG)のリスト上では男性と表記されている[1]ものもあるが、単なる記入ミスだと思われる。)。

伊都の存命中は、小林やと中村重兵衛が長寿日本一とされたため、生前日本一とされることはなかった。しかしながら、GRG及びギネス世界記録で認められている記録としては伊都が日本最高齢であった。1966年(昭和41年)8月に確証のある日本人としては初めて110歳以上(スーパーセンテナリアン)となり、同年11月に110歳と115日で死去。この記録は梅田ミトに抜かされるまでGRG及びギネス世界記録で認められている記録としては日本歴代最長寿記録であった。

脚注編集

記録
先代:
(不明)
  歴代の日本最高齢
? - 1973年7月20日
次代:
梅田ミト