伏木富山港

日本の富山県高岡市と富山市、射水市にわたる港湾の総称

伏木富山港(ふしきとやまこう)は、富山県高岡市富山市射水市にわたる港湾の総称である。港湾管理者は富山県

伏木富山港
Toyama New Port 002.JPG
空から見た富山新港
所在地
日本の旗 日本
所在地 富山県高岡市富山市射水市
【伏木地区】高岡市
【富山地区】富山市
【新湊地区】射水市
詳細
管理者 富山県
種類 国際拠点港湾

富山湾沿岸奥部の3つの港域によって形成されており、高岡市の伏木地区(伏木港)、富山市の富山地区(富山港)、射水市の新湊地区(富山新港[1]の3地区が所在する[2]

港湾法上の国際拠点港湾北陸地方で唯一)[3]港則法上の特定港に指定されているほか、日本海側拠点港のうち総合的拠点港と、部門別では国際海上コンテナ[注 1]。国際フェリー・国際RORO船、外航クルーズ(背後観光地クルーズ)の3部門の拠点港に指定されている。

概要編集

 
港内に保存してある初代海王丸

富山湾岸に位置し、富山県および北陸地方の主要な港湾である。富山県を含む北陸工業地域、ひいては中華人民共和国大韓民国ロシアなど、環日本海圏の交易拠点として重要な役割を担っている。北陸工業地域のほぼ中央、また東京都市圏首都圏関東圏)、名古屋都市圏中京圏東海圏)、大阪都市圏(関西圏・近畿圏)および新潟都市圏東北方面とほぼ等距離に位置している。また、高速道路や国道、鉄道を用いてアクセスが可能。

港一帯はみなとオアシスとして登録していて、伏木地区は伏木コミュニティセンターを代表施設とするみなとオアシス伏木として地域振興や交流を深めるためのコミュニティー施設となっている。また新湊地区は帆船海王丸を中核施設とするみなとオアシス海王丸パークとして観光スポットとなっている[6]

1975年(昭和50年)撮影の伏木富山港西側エリアの空中写真。画像左(西側)の小矢部川庄川河口付近が伏木港。画像右(東側)の掘込港が富山新港。画像中央付近の海岸線沿いの市街地が旧新湊市の中心部放生津である。この画像撮影時には新湊大橋海王丸パークは建設されていない。
1975年撮影の12枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

歴史編集

  • 室町時代から岩瀬湊として三津七湊の1つ。
  • 江戸時代 - 富山の岩瀬も新湊の放生津も高岡の伏木も北前船(西回り廻船・北国廻船)の寄港地として栄える[注 2]
  • 1621年元和7年) - 東岩瀬港が加賀藩の積卸し港(河東七浦の一つ)に指定され、工事奉行の指揮下で港内整備が実施される[7]
  • 1875年明治8年) - 地元廻船問屋の藤井能三の働きかけにより伏木港が岩崎弥太郎三菱商会の汽船定期航路の寄港地となる。
  • 1877年(明治10年) - 日本海側で最初の洋式灯台「伏木燈明台」が完成[注 3]
  • 1899年(明治32年)7月13日 - 伏木が開港場に指定される[注 3][5][8]
  • 1910年(明治43年) - 東岩瀬港の改修工事を開始。それまでは神通川から流出する土砂の堆積によって汽船や大型帆船の停泊が不可能となっていた[7]
  • 1921年大正10年)5月 - 東岩瀬港が指定湾港となる[7]
  • 1928年昭和3年)3月 - 東岩瀬港が神通川と分離される[7]
  • 1939年(昭和14年) - 東岩瀬港が伏木港税関区域に編入され、伏木岩瀬港として開港場に指定される[7]。同年、県が「5,000万円大港湾計画」を作成(着工直前に戦争の影響で中止)[9][10]。なお、これを前後に1919年1947年にも改修計画があった[11]
  • 1943年(昭和18年)1月 - 東岩瀬港が富山港と改称[7]
  • 1951年(昭和26年) - 伏木港と富山港が「伏木富山港」として統合し、重要港湾に指定される[5][12]
  • 1961年(昭和36年) - 放生津潟にて富山新港の建設工事に着手[13][14]
  • 1968年(昭和43年)4月21日 - 放生津潟の掘削と港口を大きく広げ、富山新港が開港[1][12][14]
  • 1986年(昭和61年)6月17日 - 「伏木富山港」が日本海側で2番目の特定重要港湾(2011年(平成23年)4月より港湾法改正のため国際拠点港湾)に昇格指定される[5][14]
  • 1990年平成2年)1月 - 伏木港が伏木外港の建設に着手[5]
  • 1998年(平成10年)6月 - 伏木港に伏木万葉ふ頭が竣工[5]
  • 2002年(平成14年) - 富山港および富山新港の国際物流ターミナル供用開始[12][15]
  • 2006年(平成18年)3月 - 伏木港の国際物流ターミナルが供用開始[5][12]
  • 2011年(平成23年)11月11日 - 「伏木富山港」が日本海側拠点港(総合的拠点港)指定される[5]
  • 2012年(平成24年)9月23日 - 新湊大橋が開通[14]
  • 2015年(平成27年)4月24日 - 伏木港は「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡-人、技、心-」の構成文化財として日本遺産に認定される。
  • 2017年(平成29年)10月23日 - 平成29年台風第21号接近に伴う強風により、トーゴ船籍の貨物船 REAL号が波消ブロックに打ち寄せられて座礁。貨物船は、2018年1月7日に離礁作業が行われた後、富山港を離れた[16]
  • 2018年(平成30年) - 富山新港のコンテナヤードの拡張工事が完了[5]
  • 2019年令和元年)6月 - 富山港のコンテナ用岸壁の延伸工事完了。総延長408mとなり、12,000 t級(1,000 TEU級)のコンテナ船2隻が同時接岸、同時荷役が可能となった[15]

施設編集

埠頭編集

発電設備編集

レジャー施設編集

  • 海王丸パーク初代海王丸が保存されている)[3]
  • 富山新港元気の森公園
  • 富山県新湊マリーナ(海竜マリンパーク) - しんみなと海の駅に登録されている。
  • 水橋フィッシャリーナ - みずはし海の駅に登録されている。

所在機関編集

伏木地区
富山地区
  • 第九管区海上保安本部伏木海上保安部富山分室
  • 大阪税関伏木税関支署富山出張所
  • 富山市消防局富山北消防署海上分遣所 - 消防艇「神通」を配備。

交通編集

現在
過去

作品の描写編集

  • 疑惑松本清張[21] - 原作中では「北陸T市の新港」の描写があるが、富山新港(新湊地区)のことを表している[21]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 伏木富山港の2014年のコンテナ貨物取扱量(速報値)が、前年比6.7%増の8万2066個(20フィートコンテナ換算)となり史上最高になったため、コンテナヤードを拡げることになり[4]2018年に拡張工事が完了した[5]
  2. ^ 北前船で栄え、衰亡していく過程は伏木出身の作家堀田善衛の小説『鶴のいた庭』に描写されている。
  3. ^ a b 伏木港開港百周年を記念して、1999年に近代伏木港開港の祖である藤井能三が建設に尽力した初代灯台をかたどったデザイン灯台伏木外港万葉東防波堤灯台が建設された。
  4. ^ 「万葉」の名は大伴家持が越中国国守として伏木にいた時に詠んだ和歌が多く『万葉集』に収録され、編纂したとされていることによる。
  5. ^ 『万葉集』の大伴家持の「奈呉の海人の 釣する船は 今こそば 船棚打ちて あへて漕ぎ出め」(17巻3956)にある「奈呉」とは射水市(旧新湊市)の放生津周辺の海の古名。

出典編集

  1. ^ a b “富山新港開港 祝福の汽笛 ムズムズくんらがスイッチ”. 北陸中日新聞Web. (2022年4月22日). オリジナルの2022年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220421215357/https://www.chunichi.co.jp/article/457382 2022年9月25日閲覧。 
  2. ^ 上越市創造行政研究所 2009, p. 23.
  3. ^ a b “困難な時代を走り抜いた海王丸、引退後も魅力を発信”. 朝日新聞デジタル. (2022年8月28日). オリジナルの2022年8月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220828032006/https://www.asahi.com/articles/ASQ8W6SBPQ82PISC010.html 2022年9月25日閲覧。 
  4. ^ 北日本新聞2015年1月10日[要ページ番号]
  5. ^ a b c d e f g h i 『日本の港湾2020』(2021年3月31日、公益社団法人日本港湾協会発行)307頁。
  6. ^ 上越市創造行政研究所 2009, p. 33.
  7. ^ a b c d e f 角川日本地名大辞典 16 富山県(昭和54年10月8日、角川書店発行)586ページ
  8. ^ 『敦賀市史 通史編 下巻』敦賀市役所、1988年3月31日、177頁。 
  9. ^ 射水市 くらしの情報 富山新港のあゆみ
  10. ^ 「イラストでつづるとやまのれきし」(1983年(昭和58年)1月8日 内田忠紀、アド・パルス発行)「昭和時代 ゆたかな富山県へ」より[要ページ番号]
  11. ^ 『富山新港史』(1983年6月1日発行)142 - 144ページ
  12. ^ a b c d 上越市創造行政研究所 2009, p. 24.
  13. ^ 北日本新聞 2018年1月5日付朝刊16 - 17面『富山新港 開港50周年 貿易と観光の拠点港』より。
  14. ^ a b c d 広報いみず 平成24年9月号 (PDF)”. 射水市まちづくり課. p. 2-5 (2012年8月31日). 2022年9月25日閲覧。
  15. ^ a b 『日本の港湾2020』(2021年3月31日、公益社団法人日本港湾協会発行)307 - 308頁。
  16. ^ “富山)富山港の座礁貨物船、ふ頭まで曳航”. 朝日新聞デジタル. (2018年1月8日). オリジナルの2018年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180108233022/https://www.asahi.com/articles/ASL174GXQL17PUZB003.html 2022年9月25日閲覧。 
  17. ^ “イージス艦、艦内を見学 伏木寄港の「あしがら」”. 富山新聞. (2022年7月18日). オリジナルの2022年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220718031742/https://www.hokkoku.co.jp/articles/tym/799805 2022年9月25日閲覧。 
  18. ^ 上越市創造行政研究所 2009, p. 26.
  19. ^ a b c “海上封鎖や追跡 テロに備え訓練 伏木富山港で9機関”. 北陸中日新聞Web. (2022年5月31日). オリジナルの2022年5月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220530204504/https://www.chunichi.co.jp/article/480266 2022年9月25日閲覧。 
  20. ^ a b 上越市創造行政研究所 2009, p. 28.
  21. ^ a b 富山で「松本清張」企画展 北陸・富山の魅力を清張作品で掘り下げる”. 富山経済新聞 (2016年1月26日). 2022年9月25日閲覧。

参考文献編集

  • 西師意著『伏木築港論』北陸政論社、1893年 [1]
  • 肝付兼行述『肝付大佐演説の要領』高柳精一、1897年 [2]
  • 伏木富山港の現状」『直江津港をいかしたまちづくりに関する調査 -日本海沿岸地域の連携を目指して- 平成20年度調査報告書』、上越市創造行政研究所、2009年3月、 23-38頁、2022年9月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集