伏見寅威

日本のプロ野球選手 (1990-)

伏見 寅威(ふしみ とらい、1990年5月12日 - )は、北海道千歳市出身のプロ野球選手捕手内野手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

伏見 寅威
北海道日本ハムファイターズ #23
Orix Buffaloes Torai Fushimi 20220415.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道千歳市
生年月日 (1990-05-12) 1990年5月12日(32歳)
身長
体重
182 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2012年 ドラフト3位
初出場 2013年4月29日
年俸 1億円(2023年)
※2023年から3年契約
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

小学3年から野球を始めた。中学は札幌白石シニアに所属し、その時に監督に捕手を命じられる。

東海大学付属第四高等学校では春の全道大会で優勝、夏はベスト4[1]。卒業後は東海大学へ進学。

東海大学では1年秋から正捕手として定着し、1学年上の菅野智之とバッテリーを組み活躍[2]、2年になると4番打者も務めるようになった。2010年に行われた第5回世界大学野球選手権大会では日本代表に選出。リーグ通算で79試合、287打数90安打、6本塁打、52打点、打率.314、MVP、ベストナイン各2回、首位打者1回[3]

2012年10月25日に行われたドラフト会議でオリックス・バファローズから3位指名を受ける。10月にオリックスから指名される夢を見ていたと語っており、会見では「本当に正夢になりました」と語っている[4]。11月18日に、契約金6000万円、年俸1200万円で入団に合意した(金額は推定)[5]。背番号は23

 
2016年3月20日 阪神鳴尾浜球場

オリックス時代編集

2013年は先発マスクの機会を与えられ、プロ入り初本塁打も記録。

2014年は7試合の出場にとどまった。

2015年は20試合に出場し、打率.273を記録。

2016年一塁手三塁手としても起用されたが、前年を下回る17試合の出場で打率.242を記録した。

2017年は開幕を一軍で迎える。4月15日に山崎勝己との入れ替わりで二軍落ちとなったため、4試合の出場に留まった。

2018年も開幕一軍を確保。当初は、若月健矢・山崎勝己に次ぐ第3捕手や代打要員として一軍に帯同[6]。6月2日の読売ジャイアンツ戦(京セラドーム大阪)では延長12回に代打で出場し、京セラドームでの巨人戦の連敗を9で止めるサヨナラ打を放った[7]。6月下旬以降、T-岡田小谷野栄一中島宏之と一塁を守れる野手の相次ぐ離脱に加え、中軸打者として期待されたステフェン・ロメロクリス・マレーロの両外国人の不振もあり、7月中旬以降は伏見が一塁手として先発起用されるようになり、主に5番打者を務めることとなった。オフに、1200万円増となる推定年俸2200万円で契約を更改した[8]

2019年は6月18日の読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で9回の打席で三振を喫した際に左足首を痛め病院に搬送された[9]。病院での検査の結果、左足アキレス腱断裂と判明し[10]、6月19日に登録抹消された。6月21日に縫合手術を受けるも、細菌が入り9月に再手術を行なった[11]。オフの11月30日に減額制限いっぱいとなる550万円減となる推定年俸1650万円で契約を更改した[12]

2020年、前年のアキレス腱断裂の大怪我から復帰し開幕一軍入り。主に代打の切り札で起用され、山﨑福也が先発する試合ではスタメンマスクを被っている。8月6日のロッテ戦では山﨑を6回無失点の好投に導き、自身も5回裏に追加点となる2点適時打を放つなど勝利に貢献し、2人でお立ち台に上がった[13]。オフに、1000万円増となる推定年俸2650万円で契約を更改した[14]

2021年は前年より出場数を増やしチームの捕手トップの91試合に出場。リーグ2位の盗塁阻止率.415を記録した。オフに、1850万円増となる推定年俸4500万円で契約を更改した[15]

2022年、開幕戦は山本由伸と相性が良い若月健矢がバッテリーを組んだため、出場はなかった。5月31日のDeNA1回戦の4回裏に嶺井博希が振ったバットが後頭部に直撃し、意識があったものの、担架で運ばれた(翌日復帰)[16][17]。また、6月30日に左大腿直筋筋損傷で、登録抹消された[18]。その後、8月に復帰。日本シリーズでは7試合中4試合に出場すると16打数6安打、打率.375と結果を残し、日本一に貢献した。

同年シーズンオフにFA権を行使した。

日本ハム時代編集

2022年11月19日、オリックスから国内FA権を行使して、伏見にとっては地元球団となる北海道日本ハムファイターズが獲得を発表した[19]。24日に入団記者会見が執り行われ、背番号はオリックス時代と同じ23を着用することも発表された[20]

選手としての特徴・人物編集

パンチ力があり、広角にも打てる強打の捕手[21]。バスターやエンドランなど臨機応変に対応できる器用さも兼ね備え、打者を観察してリードできる冷静さと、素早いフットワークが持ち味とスカウトから評される[22]

愛称は「TRY[23]

オリックスではチームのムードメーカーであり[24]、ベンチでは大きな声を張り上げ、守備から帰ってくる選手を真っ先に出迎えるなど士気を高めている[2]。また、練習中も先輩・後輩関係なく声をかけてコミュニケーションを取っている[2]。ベンチでの声出しについては「年齢が上だから、若手に『声を出せ』というのは簡単。でも、自分から行動できる選手でないと、とは思う。若手に『寅威さんが元気出してるから、自分も』と思ってもらえたら」と語っている[24]

オリックスの同僚である山本由伸は「チームでの精神的支柱は誰か?」と問われ、伏見の名前を挙げている[2]

父が全国大会に出場経験のあるラグビー選手だったことからラグビートライにあやかって「寅威」と命名された[21]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2013 オリックス 17 30 28 1 7 1 0 1 11 2 0 0 1 0 1 0 0 5 0 .250 .276 .393 .669
2014 7 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000
2015 20 26 22 2 6 1 0 0 7 0 0 0 2 0 1 0 1 6 1 .273 .333 .318 .652
2016 17 35 33 2 8 0 0 0 8 1 0 0 0 0 0 0 2 6 1 .242 .286 .242 .528
2017 4 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2018 76 201 186 16 51 14 1 1 70 17 0 0 1 0 12 0 2 39 6 .274 .325 .376 .701
2019 39 72 61 4 10 0 0 1 13 9 0 1 0 1 8 1 2 16 2 .164 .278 .213 .491
2020 71 198 189 14 49 7 2 6 78 23 0 0 2 1 6 0 0 35 4 .259 .281 .413 .693
2021 91 262 238 21 52 11 1 4 77 25 0 1 5 2 14 0 3 39 5 .218 .268 .324 .592
2022 76 235 205 16 47 12 1 3 70 21 2 1 16 1 8 0 5 42 7 .229 .274 .341 .615
通算:10年 418 1065 968 77 230 46 5 16 334 98 2 3 27 5 50 1 15 190 27 .238 .284 .345 .629
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



捕手 一塁 三塁














































2013 オリックス 17 67 9 0 0 1.000 0 16 12 4 .250 - -
2014 2 3 0 0 0 1.000 0 0 0 0 ---- 1 0 0 0 0 ---- -
2015 15 44 7 0 1 1.000 1 9 5 4 .444 1 1 1 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ----
2016 3 4 0 0 0 1.000 0 0 0 0 ---- 6 33 4 0 1 1.000 4 1 4 1 0 .833
2017 2 2 0 0 0 1.000 0 0 0 0 ---- - -
2018 29 63 8 0 0 1.000 1 9 6 3 .333 39 324 23 3 25 .991 -
2019 30 75 13 1 1 .989 0 15 10 5 .333 - -
2020 48 331 32 4 2 .989 1 27 19 8 .296 1 2 0 0 0 1.000 -
2021[注 1] 86 526 57 4 6 .993 0 41 24 17 .415 - -
2022[注 2] 75 508 61 1 11 .998 5 68 46 22 .324 - -
通算 307 1623 187 19 21 .990 8 185 122 63 .341 48 360 28 3 26 .992 5 1 4 1 0 .883
  • 2022年度シーズン終了時

表彰編集

記録編集

初記録
その他の記録

背番号編集

  • 23(2013年 - )

登場曲編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 企図数・許盗塁・盗塁刺・阻止率については参考文献参照
  2. ^ 企図数・許盗塁・盗塁刺・阻止率については参考文献参照

出典編集

  1. ^ 2013スポニチプロ野球選手名鑑 毎日新聞社
  2. ^ a b c d 【12球団“縁の下の力持ち”:オリックス】山本由伸が認める“人間力”。伏見寅威は選手にもファンにも愛される男”. THE DIGEST (2020年6月4日). 2021年10月3日閲覧。
  3. ^ 週刊ベースボール増刊 大学野球2012秋季リーグ戦決算号 ベースボールマガジン社
  4. ^ 東海大・伏見、正夢にびっくり放心状態!…オリックス3位”. スポーツ報知 (2012年10月26日). 2012年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月3日閲覧。
  5. ^ オリックス ドラフト2位の佐藤、3位の伏見が仮契約”. スポーツニッポン (2012年11月18日). 2022年4月16日閲覧。
  6. ^ 好調のオリ伏見寅威は何を変えた?「ナカジさんの影響がでかいです」”. Number Web (2018年4月20日). 2018年8月16日閲覧。
  7. ^ 京セラの悪夢にサヨナラ~!オリックス5割復帰、伏見が人生初劇打”. サンケイスポーツ (2018年6月3日). 2018年8月16日閲覧。
  8. ^ オリックス・伏見が1200万円アップ、飛躍の陰に松岡修造の言葉”. サンケイスポーツ (2018年12月3日). 2021年10月3日閲覧。
  9. ^ オリックス伏見が病院へ、スイング時に左足首を痛める”. 日刊スポーツ (2019年6月18日). 2021年10月3日閲覧。
  10. ^ オリックスの伏見が左足アキレス腱断裂”. BASEBALL KING (2019年6月19日). 2021年10月3日閲覧。
  11. ^ 「見返したい」アキレス腱断裂から捕手復帰へ… オリ伏見が涙した妻の支えと周囲への感謝”. Full-Count (2020年2月4日). 2021年10月3日閲覧。
  12. ^ オリックス伏見550万円減「まずはケガを治す」”. 日刊スポーツ (2019年11月30日). 2021年10月3日閲覧。
  13. ^ オリックス 今季9戦目でようやくロッテに初勝利 山崎福が6回無失点の快投”. スポーツニッポン (2020年8月7日). 2021年10月3日閲覧。
  14. ^ オリックス伏見「絶対見返すつもりで」1000万増”. 日刊スポーツ (2020年12月14日). 2021年10月3日閲覧。
  15. ^ オリックス伏見寅威は1850万増「成長できたかな」自己最多91試合出場”. 日刊スポーツ (2021年12月15日). 2022年4月16日閲覧。
  16. ^ 【オリックス】伏見寅威、バット後頭部直撃「頭部打撲」も意識しっかり 試合出場は状態見て”. 2022年5月31日閲覧。
  17. ^ 【オリックス】伏見が元気に復帰 前日頭部にバットが直撃 嶺井ともグータッチ”. 2022年6月1日閲覧。
  18. ^ 【オリックス】伏見寅威が「左大腿直筋の筋損傷」で出場選手登録を抹消”. 2022年6月30日閲覧。
  19. ^ 伏見選手との契約について” (日本語). 北海道日本ハムファイターズ (2022年11月19日). 2022年11月19日閲覧。
  20. ^ 伏見寅威選手が入団会見” (日本語). 北海道日本ハムファイターズ (2022年11月24日). 2022年11月27日閲覧。
  21. ^ a b 【オリックス3位】伏見寅威 攻守両面ダントツナンバーワン捕手”. スポーツニッポン (2012年10月25日). 2021年10月3日閲覧。
  22. ^ 2012年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ (2012年10月25日). 2021年10月3日閲覧。
  23. ^ 23 伏見 寅威 選手名鑑2019” (日本語). オリックス・バファローズ オフィシャルサイト. 2021年10月3日閲覧。
  24. ^ a b 「あのころの継続。だけど……」オリックス・伏見寅威/わがチームのムードメーカー | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2021年5月11日). 2021年10月3日閲覧。
  25. ^ 2022年シーズンの記録の回顧(守備記録)”. 日本野球機構. 2022年6月14日閲覧。
  26. ^ “チーム記念本塁打”. 日本野球機構. https://npb.jp/history/2021/milestones_team_hr.html 2022年3月8日閲覧。 

参考文献編集

  • ベースボール・マガジン社 編 『ベースボール・レコード・ブック』 2022日本プロ野球記録年鑑、ベースボール・マガジン社、2021年。ISBN 978-4-583-11429-3  296ページ参照。
  • ベースボール・マガジン社 編 『ベースボール・レコード・ブック』 2023日本プロ野球記録年鑑、ベースボール・マガジン社、2022年。ISBN 978-4-583-11546-7  52ページ参照。

関連項目編集

外部リンク編集