メインメニューを開く

伏見藩(ふしみはん)は、江戸時代初期、山城国伏見(現在の京都府京都市伏見区)の伏見城を城地としていた[1]大坂の陣前後、松平定勝伏見城代を務めるとともに、伏見周辺と近江国内に5万石を領した時期をこう捉えることがある。

藩史編集

前史編集

伏見城は3度に渡って築城された。文禄元年(1592年)に豊臣秀吉が指月山に築城を開始したが、文禄5年(1596年)に伏見の大地震によって倒壊(指月伏見城)。近隣の木幡山(桃山丘陵)に新たな伏見城が建設された(木幡山伏見城)。慶長3年(1598年)に秀吉が伏見城で死去すると、翌慶長4年(1599年)3月には徳川家康が留守居役として伏見城に入城し、豊臣政権下の徳川家康の上方における居城となった[1](ただし家康は同年9月に大坂城に移った)。慶長5年(1600年)、伏見城は関が原の戦いの前哨戦である伏見城の戦いで焼失した。

慶長5年(1600年)、伏見城代であった松平忠明伏見の町奉行を兼ねた[2]。これが伏見奉行の起源とされるが、伏見の民政については元和9年(1623年)に小堀政一が登場するまでは不明な点が多いという[3]

家康は慶長7年(1602年)までに伏見城を再建。慶長8年(1603年)に家康が伏見城で将軍宣下を受け、慶長10年(1605年)には徳川秀忠が同様に将軍宣下を受けるなど、徳川家の上方における拠点として機能した。伏見城は大御所と将軍が上洛した際の居城とされた[4]。伏見城代のもとには在番2組が置かれた(慶長6年(1601年)には春日景定が与力を預かって大手門守衛を務め、慶長7年(1602年)には柘植清広が鉄砲足軽(同心)を預かって御門番を務めた[5]:114[4]

松平定勝の時代編集

慶長12年(1607年)、徳川家康が駿府城を居城と定めて移ると[4]、異父弟で遠江国掛川藩(3万石)藩主であった松平定勝伏見城代に任じた[1][4]。2万石の加増を受けての転封であり[6]、伏見周辺と近江国内に5万石を領した[1]。これを「伏見藩」の成立と捉える考え方がある[1][6][7]

大坂の役での豊臣氏滅亡後、元和3年(1617年)、定勝は伊勢桑名藩(6万石)へ加増移封されて転出した。これによって「伏見藩」は廃藩となったと捉えられる[1][6]

後史編集

豊臣氏滅亡後、伏見城は重要拠点としてみなされなくなった。

元和3年(1617年)の定勝転出後、摂津高槻藩(4万石)藩主の内藤信正が伏見城代に任じられるとともに、摂津国内に加増転封された[8]

元和5年(1619年)には伏見城の廃城が決定[4]、破却が開始された。伏見城代および在番士は大坂城(それまで大坂城は松平忠明大坂藩であった)に移動することとなった[4]。内藤信正は元和5年(1619年)7月、初代大坂城代として転出した。元和9年(1623年)に徳川家光が伏見城にて将軍宣下を受けたが、これはまだ破却を免れていた建物に装飾を加えて行われた。

伏見城の「廃城」時期については、元和9年(1623年)[1]、寛永元年(1624年)[5]、寛永2年(1625年)[9]:114とさまざまな捉え方がある。

伏見廃城に伴う措置として、元和9年(1623年)に遠江国掛川藩松平定綱(定勝の三男)に淀城の築城が命じられ、淀藩が立藩した(『日本史広辞典』は立藩を寛永2年(1625年)[10]とする)。淀城の築城には伏見城の資材が転用された。伏見城の天守は二条城に移築された。寛永2年(1625年)、伏見城の門番を務めていた2組(春日組と柘植組)も二条城に移転し、二条城御門番組となった[5]:114

歴代藩主編集

松平(久松)家編集

親藩 - 5万石

氏名 よみ 官位・官職 在任期間 備考
1 定勝 さだかつ 従四位
左近衛権少将
慶長12年 – 元和3年
1607年1617年
久松俊勝の4男
徳川家康の異父弟

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『日本史広辞典』(山川出版社、1997年)p.1861、「伏見藩」の項。
  2. ^ 伏見奉行”. 百科事典マイペディア(コトバンク所収). 2019年8月6日閲覧。
  3. ^ 伏見奉行”. 世界大百科事典 第2版(コトバンク所収). 2019年8月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 『日本史広辞典』(山川出版社、1997年)p.1860、「伏見城代」の項
  5. ^ a b c 渡邊忠司 (2012). “近世京都における与力・同心体制の確立”. 佛教大学歴史学部論集 2. https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/RO/0002/RO00020R109.pdf 2019年8月6日閲覧。. 
  6. ^ a b c 『日本史広辞典』(山川出版社、1997年)巻末付録の「大名配置」表には「伏見藩」を挙げ、1607年成立(松平定勝の掛川からの加転封)、1617年年廃藩(松平定勝の桑名への加転封)としている。
  7. ^ 『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』「松平定勝」の項では、掛川藩主・伏見城代・桑名藩主と履歴が記載されており、「伏見藩主」とは表記されていない。
  8. ^ 『日本史広辞典』(山川出版社、1997年)巻末付録の「大名配置」表内にある「高槻藩」の記載内容。
  9. ^ 伏見城”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク所収). 2019年8月6日閲覧。
  10. ^ 『日本史広辞典』(山川出版社、1997年)p.2196、「淀藩」の項。

関連項目編集