休息権

休息権(きゅうそくけん)とは憲法典に定められた労働の権利規定である。

目次

概要編集

日本国憲法編集

現在の日本においては日本国憲法第27条第2項に定められていて、基準は法律で定めることになっている[1]。政府案になかった「休息」が入っているのは、1936年制定のソビエト社会主義共和国連邦憲法(いわゆるスターリン憲法)が特に休息の権利を規定しているのを受けて、憲法研究会[2]憲法草案の影響を受けた当時の日本社会党衆議院の審議の際、修正させたからとしている[3]

脚注編集

  1. ^ 日本国憲法 法令データ提供システム 総務省行政管理局 2011年12月23日閲覧
  2. ^ 憲法研究会のメンバー:高野岩三郎馬場恒吾杉森孝次郎森戸辰男室伏高信鈴木安蔵
  3. ^ 日本国憲法とは何か 八木秀次 PHP研究所 2003年 ISBN 9784569628394 p171

参考文献編集

関連項目編集