会員番号の唄」(かいいんばんごうのうた)は、1986年に発表されたおニャン子クラブの楽曲である。

会員番号の唄
おニャン子クラブの楽曲
リリース 1986年3月1日(初版。「新・-」以降は割愛)
規格 シングルレコード
ジャンル アイドル歌謡曲
時間 7分20秒
レーベル ポニーキャニオン
作詞者 秋元康
作曲者 見岳章
プロデュース 秋元康

解説編集

  • メンバーの自己紹介ソングとなっており、おニャン子クラブのメンバーが一人ひとり自己紹介していく形で曲は展開する。
  • メンバーの入替わりに合わせて、歌詞・メロディを改めて「新・会員番号の唄」「新・新会員番号の唄」が製作されている。まず「会員番号の唄」が1986年3月1日に吉沢秋絵のシングル「季節はずれの恋」のカップリングとして、続いて「新・会員番号の唄」が1986年9月10日に同様に吉沢秋絵のシングル「鏡の中の私」のカップリングとして発表された。2作ともに両面ジャケット仕様であり、両A面シングル的なデザインになっている。最後に「新・新会員番号の唄」が1987年2月21日におニャン子クラブのアルバム『SIDE LINE』の収録曲としてそれぞれ発表された。
  • シングル「季節はずれの恋」の発売当時に制作された販促用ポスターにおいて、カップリング曲の「会員番号の唄」をメインに表記したものが存在する[1]
  • カップリング曲ではあるものの、『夕やけニャンニャン』やコンサートにおいて度々歌われたため知名度は高い。
  • 会員数が数十名に達していた当時のおニャン子クラブにおいて、一人ひとりのメンバーの顔や個性を印象づける役割を担った。
  • 「会員番号の唄」ではイントロで「33回転だよ〜ん」という福永恵規の声が聞こえる。これはEP盤でありながら再生時間が7分20秒と非常に長いため、通常45回転のところを33回転で収録されているためであり、「レコードの回転数を33回転に落として再生してください」という意味で吹き込まれている。そのため一般のレコードに比べ、音質はやや悪い。2001年発売のベスト・アルバム『MYこれ!クション おニャン子クラブBEST』では、デジタルリマスタリング処理して収録されたため音が鮮明になった。

各曲概要編集

  1. 会員番号の唄(7分20秒) *吉沢秋絵Sg「季節はずれの恋」カップリング
    • 作詞: 秋元康/作曲・編曲: 見岳章
    • 会員番号33番布川智子までが参加。中島美春河合その子のパートは、直後に卒業を控えていたため、それを踏まえた歌詞となっている。
    • 「起立! 礼! 着席!」の号令は吉沢秋絵の声。
    • 「Ah 花のおニャン子クラブ」の振付けは、両指で「鼻」を指すポーズである。
    • 当初のテレビ披露では多くのメンバーが「会員ナンバー○番」と言っていたが、後に「会員番号○番」に統一された。1986年2月から3月までのおニャン子の舞台裏を追ったDVD『バックステージ』でも、「会員番号会員番号……」と練習するメンバーの姿や、立見が「会員番号ですので」とスタッフから忠告を受ける場面などが映されている。しかし、立見は最終公演の日本武道館コンサートにおいても「会員ナンバー」と発してしまっている。『夕やけニャンニャン』内では「会員ナンバー」の方を通称として用いていた。
    • 初期の振付け練習の様子が、上述のDVD『バックステージ』に収められている。
    • 1986年春のツアー「全国縦断コンサート "あぶな〜い課外授業"」で披露された。
    • 解散コンサートでこの曲が再び取り上げられた。この際には、新しいメンバーから古いメンバーへ番号を遡るように演出され、また卒業生にもパートが振り分けられた。歌詞は新たに作られたものであるが、オリジナルメンバーの歌詞は元の「会員番号の唄」の詞を踏まえたものとなっている。
  2. 新・会員番号の唄(7分23秒) *吉沢秋絵Sg「鏡の中の私」カップリング
    • 作詞: 遠藤察男/作曲・編曲: 見岳章
    • 会員番号40番生稲晃子までが参加。
    • 新田・名越・福永ら第2回卒業生が参加した最後の曲。ただし前作以上にキャラクター重視の歌詞で、歌詞中で卒業には触れられていない。
    • 『夕やけニャンニャン』での披露は、1986年9月放送の後楽園ホール中継で一度歌われたのみである。
    • 1986年夏のツアー「全国縦断コンサート "おニャン子PANIC"」で披露された。
  3. 新・新会員番号の唄(8分49秒) *おニャン子クラブAl『SIDE LINE』に収録
    • 作詞: 遠藤察男/作曲・編曲: 見岳章
    • 会員番号47番山森由里子までが参加しており、シリーズ最長の収録時間。
    • アルバムとしてリリースされているため、前作まであった「33回転」の説明はない。
    • 1987年春のツアー「卒業記念1987おニャン子クラブSPRINGコンサート "おニャン子Sailing・夢工場"」で披露された。このコンサートでは、会員番号B組3番(51番)宮野久美子までが参加している。

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 「会員番号の唄」をメインに表記した販促ポスター(荒魂書店) - 2018年9月15日閲覧。
  2. ^ 秋元は、曲を制作する際「モンキーズのテーマ」をモチーフにしたと語っている。