メインメニューを開く

会津中街道(あいづなかかいどう)は、江戸時代会津西街道の代替街道として整備された街道。

目次

概要編集

1683年天和3年)の日光大地震により鬼怒川支流の男鹿川が土砂で堰き止められ、天然ダムの「五十里湖」が形成された。それまでの会津西街道が水没で通行不能となったため、会津藩3代藩主松平正容によって1695年元禄8年)に整備された新たな街道である。氏家宿から矢板宿、板室宿を経て那須山中の三斗小屋宿、標高1,468mの大峠、松川宿などを経て会津に至る。しかし、会津西街道が再整備され次第に使われなくなっていった。

自然湖である五十里湖はその後1723年享保8年)の大雨で決壊、土石流の発生により死者1200人を出し、宇都宮真岡近辺まで被害が及んだ。

歴史編集

  • 1646年正保3年) - 会津藩により辰街道が整備される。
  • 1653年承応2年) - 会津藩により辰街道の宿駅附子村を指定される。
  • 1667年寛文7年) - 会津領内の街道に一里塚の整備令が出される。
  • 1683年(天和8年) - 9月に発生した日光大地震により会津西街道が交通不能になる。
  • 1694年元禄7年) - 湯宮村又衛門ほか2名により大峠開発請願書が会津藩に提出される。
  • 1695年(元禄8年)
    • 3月 - 会津藩による道筋村々の調査が行われる。また、坂巻家より矢板宿問屋開設願いが出される。
    • 7月 - 荒井村名主により「間数相改差し上げ調」が報告される。
    • 8月 - 田嶋にて工事入札行われる。
    • 9月5日 - 工事着工される。
    • 9月28日 - 会津松川宿~下野板室宿で「新道はじめ」廻米2駄
    • 10月9日 - 完工する。
    • 10月15日 - 工事完成が南山代官依田五兵衛により会津藩へ報告される。
    • 10月19日 - 各継立場間の測量が行われる。
  • 1696年(元禄9年)
  • 1697年(元禄10年)6月 - 会津藩主・松平正容が参勤交代のため通行する。
  • 1698年(元禄11年)5月 - 越後村松藩主・堀直利が参勤交代のため通行する。
  • 1699年(元禄12年)8月 - 暴風雨により各所に被害が出る。
  • 1704年(元禄17年)
    • 6月10日 - 田町問屋の大橘家が日限定書のため評定所へ召し出される。
    • 7月 - 暴風雨により通行困難になり、脇街道に編入される。

宿場編集

  1. 若松城下(福島県会津若松市)
  2. 面川宿(福島県会津若松市門田町面川)
  3. 香塩宿(福島県会津若松市大戸町上三寄香塩)
  4. 小塩宿(福島県会津若松市大戸町上小塩)
  5. 桑原宿(福島県会津若松市大戸町上小塩)
  6. 小出宿
  7. 弥五島宿
  8. 松川宿
  9. 野際宿(福島県南会津郡下郷町野際新田)
  10. (大峠:標高1,468m)北緯37度09分10秒 東経139度56分30秒 / 北緯37.152912度 東経139.941766度 / 37.152912; 139.941766 (大峠)
  11. 三斗小屋宿 (栃木県那須塩原市那須岳国有林)
  12. 板室宿(栃木県那須塩原市板室)
  13. 百村宿
  14. 高林宿
  15. 横林宿
  16. 石上宿
  17. 山田宿
  18. 矢板宿(栃木県矢板市
  19. 川崎宿(栃木県矢板市川崎反町)
  20. 乙畑宿(栃木県矢板市乙畑)
  21. 氏家宿 (栃木県さくら市氏家
  22. (阿久津河岸)

関連項目編集

外部リンク編集