メインメニューを開く

会津城籠城戦(あいづじょうろうじょうせん、慶応4年8月23日 - 明治元年9月22日1868年10月8日 - 1868年11月6日))は、会津戦争戊辰戦争)の戦いの一つである。

会津城籠城戦
会津戦争
会津戦争
戦争会津戦争
年月日
旧暦慶応4年8月23日 - 明治元年9月22日
グレゴリオ暦1868年10月8日 - 1868年11月6日
場所陸奥国会津城下(現在の福島県会津若松市
結果新政府軍官軍)の勝利、会津藩の降伏
交戦勢力
Flag of the Japanese Emperor.svg 新政府軍
(白河口総督府)
Tokugawa Aoi (No background and Black color drawing).svg 旧幕府軍
Flag of Ouetsu Reppan Domei or the Northern Alliance in Japan.svg 奥羽越列藩同盟
指導者・指揮官
Maru juji.svg 中村半次郎
Japanese crest Tosa kasiwa.svg 山縣小太郎
Aizu Aoi (No background and black color drawing).svg 松平容保
戊辰戦争

母成峠の戦いで勝利した新政府軍に対し、旧幕府側の会津藩若松城において約1ヶ月における籠城戦の後、降伏した。

経過編集

降伏編集

 
降伏直後の会津城

旧暦の明治元年9月22日、会津城下甲賀町で降伏儀式が行われ、新政府軍から軍監の中村半次郎、軍曹の山県小太郎が全権代表として降伏文書を受け取り、新政府軍に城の明け渡す。

脚注編集