メインメニューを開く

会津若松駅

日本の福島県会津若松市にある東日本旅客鉄道の駅

会津若松駅(あいづわかまつえき)は、福島県会津若松市駅前町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)のである[2]

会津若松駅
駅舎
駅舎
あいづわかまつ
Aizu-Wakamatsu
所在地 福島県会津若松市駅前町1-1[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
日本貨物鉄道(JR貨物)*
電報略号 ワカ
駅構造 地上駅
ホーム 3面5線[1]
乗車人員
-統計年度-
2,669人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1899年明治32年)7月15日[2]
乗入路線 3 路線
所属路線 磐越西線
キロ程 64.6km(郡山起点)
広田 (4.6km)
(5.5km) 堂島
所属路線 只見線
会津鉄道会津線直通含む)
キロ程 0.0km(会津若松起点)
(1.3km) 七日町
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口[2]
* 貨物列車の発着はなし。オフレールステーションを併設。
テンプレートを表示
駅舎全景(2017年8月)
駅構内1・2番線
駅構内全景(2017年4月)

目次

概要編集

会津盆地の南東部に位置する、会津地方の中心都市・会津若松市の代表駅であり、開業時の同市市街地の北端に設置された[3][4]

当駅には磐越西線只見線が乗り入れており、このうち磐越西線を所属線としている[5]。また、磐越西線はJR貨物の第二種鉄道事業区間でもあり、当駅はJR貨物の貨物駅でもあるが、現在は後述のようにオフレールステーションに移行している。

磐越西線においては途中駅であるが、当駅から北東と北西へ線路が走っておりスイッチバック構造をしている。そのため磐越西線が使用する主なホームである1・2番のりばも頭端式ホームとなっており、当駅をまたいで運転する列車は方向転換を行なう[6]。南方向に只見線が分岐し、同線西若松駅を起終点とする第3セクターの会津鉄道会津線の列車も只見線経由で当駅まで乗り入れている[6]

2002年、「歴史と文化、そして伝統が息づく街の玄関口の駅舎」として、東北の駅百選に選定された。

歴史編集

 
大正期の会津若松駅

駅構造編集

計3面5線のホームを有する地上駅[1]。1-3番線は単式・島式ホーム2面3線の1・2番線西若松方を行き止まり・頭端式ホーム化した形状になっており、連絡通路による平面移動が可能になっている。4・5番線は島式ホーム1面2線。その他、ホームのない留置線がある。跨線橋は1番線、2・3番線、4・5番線の各ホームを連絡しており、1番線と2・3番線にはエレベーターが、4・5番線には車椅子専用のリフト(駅員に依頼して利用することができる)が設置されている。

夜間滞泊が設定されている。

直営駅駅長・管理助役・助役配置)であり、管理駅として、磐越西線の上戸駅 - 喜多方駅間、只見線の七日町駅 - 只見駅間の各駅を管理している。

みどりの窓口(営業時間 6:20 - 21:00)、指定席券売機が設置されている。駅舎中央に改札があり、入り口向かって右にびゅうプラザ、左に土産物店やキオスク食堂立ち食いそば「立ちあおい」、NEWDAYSがあり、駅弁も販売されている。また、改札と入り口左の売店の間には待合所が、改札口の手前にはVIEW ALTTE(改札外)がある。Suica対応自動改札機設置。

駅構内の広田/堂島方の本線西側に、下路式転車台扇形庫が配置されている。磐越西線や只見線で使用するキハ40系の車両基地としての役割の他、両路線でのSL運行時にも使用されている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1・2 磐越西線 上り 猪苗代郡山方面
下り 喜多方山都新潟方面
3 磐越西線 下り 喜多方・山都・新潟方面
只見線 - 会津坂下会津川口方面
4 只見線 - 会津坂下・会津川口方面
会津鉄道線 - 会津田島方面
5 会津鉄道線 - 会津田島方面
  • 臨時快速AIZUマウントエクスプレス1号喜多方行きは4番線

構内配線・信号設備等編集

運転番線 営業番線 ホーム 郡山方面着発 新津方面着発 会津川口方面着発
下本 1 8両 到着・出発可 到着・出発可 不可
ホームなし 到着・出発可 到着・出発可 不可
上本 2 8両 到着・出発可 到着・出発可 不可
上1 3 6両 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可
只見 4 5両 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可
会津 5 3両 不可 不可 到着・出発可
上2 ホームなし 不明

* 参考資料:土屋武之「磐越西線会津若松駅」『鉄道ジャーナル』第45巻第2号、2011年2月。

磐越西線はこの駅でスイッチバックする構造となっており、郡山方面・新津方面とも北側から入線する。そのため、両方向とも只見線に向かって線路が続く配線となっている。郡山方面・新津方面の磐越西線はそれぞれ独立しているため、同時発車・並走運転も可能であり、SL列車同士による同時発車・並走運転のイベントも度々行われる。

ちなみに2014年自動改札機供用開始以前は、有人改札で、改札付近に「あかべぇ」と485系のデザインがかかれていた。

会津若松オフレールステーション編集

   
JR貨物会津若松駅(会津若松ORS)の事務所と構内
 
会津若松ORSと会津若松駅

会津若松オフレールステーション(略称:会津若松ORS)は、JR貨物会津若松駅に属し、駅東側にあるコンテナ集配基地である。コンテナ貨物(12フィートコンテナのみ)を取り扱っており、貨物列車代替のトラック便郡山貨物ターミナル駅との間で1日2往復運行されている。

会津若松駅は、1996年より貨物列車の発着がない自動車代行駅になり、その後、2006年より一部がオフレールステーションとなっている。

ライブカメラ編集

 
会津若松駅内設置のライブカメラ(写真中央、2007年2月4日)

1・2番線の行き止まりにはNTT東日本福島支店のビデオカメラが設置されている[9]。当駅1・2番線から郡山・喜多方方面の現在の状況をほぼリアルタイムで確認することができる。

なおこのサービスは2017年3月31日で終了した。[10]

駅弁編集

  • 会津のおばあちゃん(ウェルネス伯養軒)
  • 会津健康奨励弁当(ウェルネス伯養軒)
  • 会津う米う米弁当(ウェルネス伯養軒)
  • あいづふるさと弁当(ウェルネス伯養軒)
  • ソースかつ弁(ウェルネス伯養軒)

利用状況編集

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は2,669人である[利用客数 1]。福島県の駅では郡山駅福島駅いわき駅新白河駅金谷川駅に次いで第6位である。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 3,595 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 3,446 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 3,209 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 3,065 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 2,996 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 2,996 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 2,971 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 3,025 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 2,975 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 2,905 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 2,766 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 2,636 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 2,837 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 2,908 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 2,688 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 2,781 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 2,721 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 2,669 [利用客数 1]

駅周辺編集

鶴ヶ城(若松城)
飯盛山

会津若松市役所、中心商店街神明通りなどの市街地、鶴ヶ城などからは若干離れており、そちらは只見線七日町駅が最寄り駅となる。当駅と七日町駅、西若松駅が会津若松市街を囲みこむような形となっている。

近年、当駅付近にはビジネスホテル、大手居酒屋が相次いで進出している。

事業所

教育機関

金融機関

商業施設

観光施設

宿泊施設

道路

かつて存在した施設編集

商業施設

  • 会津サティマイカル、現:イオンリテール
    建物の老朽化や売上減少などを理由に2009年6月30日閉店。現在は、建物は解体され、一時的に駐車場になっている。
    サティの運営会社であったマイカル(現・イオンリテール)や地権者なども協力し、サティ周辺を含めた再開発の構想があったが、協議が難航したため2012年2月に結論が出ないまま協議会が解散となったが、協議は今後も継続するとしている。[11]
  • ヨークベニマル駅前店
    かつての地場スーパー「マルトミ」の店舗だった。現在は解体され、ホテルアルファーワン会津若松となっている。

バス路線編集

駅前広場
駅前バスターミナル

当駅発着の一般路線バスはすべて会津乗合自動車が運行している。原則として、会津若松市街地各方面のバスは駅前広場から、それ以外のバス(高速含む)は駅前バスターミナルからの発車となる[12]

駅前広場[13]
  • 1番のりば : 会津乗合自動車の路線バスは発着しない[注釈 1]
  • 2番のりば : 中央病院・居合団地線、まちなか北循環、まちなか南循環
  • 3番のりば : 松長団地・西若松駅線、仁愛高校線、金堀線
  • 4番のりば : 芦の牧温泉北会津地域巡回バス「ピカリン号」、河東地域コミュニティバス「みなづる号」
  • 5番のりば : 米代・西若松駅方面、高速バス降車場
  • 6番のりば : まちなか周遊バス「ハイカラさん」「あかべぇ」
  • 公園側のりば : 星野リゾート アルツ磐梯線 ※スキーシーズンのみ運行
駅前バスターミナル


近隣の他事業者のバス停留所

ギャラリー編集

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
磐越西線
快速「あがの
会津若松駅 - 塩川駅
快速(当駅 - 喜多方駅間は下りのみ)
磐梯町駅 - (一部広田駅) - 会津若松駅 → 塩川駅
普通(当駅 - 喜多方駅間速達列車)
広田駅 - 会津若松駅 - 塩川駅
普通(当駅 - 喜多方駅間各駅停車*)
会津若松駅 - 堂島駅
*:全列車が当駅始発・終着
只見線
会津若松駅 - 七日町駅
会津鉄道
会津線(当駅 - 西若松駅は只見線)
快速「AIZUマウントエクスプレス」・快速「リレー号」(上りのみ)・普通(「リレー号」含む)
会津若松駅 - 七日町駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ a b 会津若松市の公開している市内路線バス時刻表においては、駅前広場1番のりばは広田タクシー運行のまちなか循環バス「エコろん号」が使用すると記載されている。しかし広田タクシーの時刻表には近隣の「富士の湯」発着であると記載されている。駅前バスのりばのご案内 (PDF)”. 会津若松市地域公共交通会議. 2017年5月7日閲覧。

出典編集

  1. ^ a b c 全駅50号、p.24。
  2. ^ a b c JR東日本:各駅情報(会津若松駅)”. 東日本旅客鉄道. 2014年10月23日閲覧。
  3. ^ 2.宅地地価修正の実施国税庁) … 1910年(明治43年)頃の地図あり。
  4. ^ 最新若松市地圖 : 大正改訂版国際日本文化研究センター) … 1925年(大正14年)の地図あり。
  5. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  6. ^ a b 全駅50号、p.12。
  7. ^ a b c d e f g h i 全駅50号、p.13。
  8. ^ Suica の一部サービスをご利用いただける駅が増えます - 2013年11月29日東日本旅客鉄道株式会社
  9. ^ ふくしまの窓から JR会津若松駅
  10. ^ 「ふくしまの窓から」コンテンツ終了のお知らせ
  11. ^ 「若松駅前再開発協が解散へ 協議は今後も継続」『福島民報』(福島民報社) 2012年1月28日。
  12. ^ のりば案内”. 会津乗合自動車. 2017年5月7日閲覧。
  13. ^ 河東地域コミュニティバス『みなづる号』トップページ”. 会津若松市. 2014年12月6日閲覧。
  14. ^ 路線バス時刻表 (PDF)”. 会津若松市地域公共交通会議. 2014年12月6日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集