メインメニューを開く

会津越川駅

日本の福島県大沼郡金山町にある東日本旅客鉄道の駅

会津越川駅(あいづこすがわえき)は、福島県大沼郡金山町大字越川字中屋敷にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)只見線である。

会津越川駅
駅全景(2006年5月)
駅全景(2006年5月)
あいづこすがわ
Aizu-Kosugawa
本名 (6.4km)
(3.2km) 会津横田
福島県大沼郡金山町大字越川字中屋敷
会津越川駅の位置(只見線内)
会津越川駅
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 只見線
キロ程 70.0km(会津若松起点)
電報略号 アス
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
5人/日(降車客含まず)
-2004年-
開業年月日 1965年昭和40年)2月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

目次

歴史編集

会津線の会津川口駅から只見駅までは、電源開発の専用線を利用して1963年(昭和38年)8月20日に開通しているが、当初この駅は設けられなかった。この駅は開通2年後の1965年(昭和40年)2月1日に、本名駅会津大塩駅会津塩沢駅とともに開業している。開業当時根北線越川駅が存在した(読みは「こしかわ」)ため旧国名の会津を冠しているが、会津越川駅開業の5年後の1970年に越川駅は廃止された。

年表編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ほぼ東西に走る線路の北側に短いホームを添えただけの簡単なつくりとなっている。ホームは列車1両分の長さしかないため、2両以上の編成を持つ列車では、進行方向前側の車両からの乗降となる(ドアカットを行う)。

会津坂下駅管理の無人駅駅舎はないがホームに接して小さな待合室がある。

利用状況編集

2004年度の乗車人員は、1日平均5人[2]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 5
2001 8
2002 5
2003 5
2004 5

駅周辺編集

只見川の南側に位置する駅で、駅と只見川との間を国道252号が走っている。

  • 深入山
  • 烏帽子山
  • 伊南川水力発電所


隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
只見線
本名駅 - 会津越川駅 - 会津横田駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 越前勤 『東日本大震災「復興」時刻表』 講談社、2012年、174-175頁。ISBN 978-4-06-217570-8
  2. ^ 第120回福島県統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集