メインメニューを開く
福島県会津郡の範囲

会津郡(あいづぐん)は、福島県陸奥国岩代国)にあった

目次

郡域編集

現在の南会津郡および会津若松市の大部分(河東町各町・大戸町小谷各町・大戸町大字小谷を除く)にあたるが、行政区画として画定されたものではない。

歴史編集

8世紀に陸奥国が3分割されると石背国に属したが、わずか数年で陸奥国に再統合され、明治初年まで陸奥国に属した。平安時代に耶麻郡大沼郡河沼郡が分かれたが、後々までこれらの郡と合わせて「会津四郡」と呼ばれた。

和名類聚抄によれば伴々(または伴部)、多具、長江、倉精、菱方、大島、屋代、大江、余戸の9郷があった。

近代以降の沿革編集

所属町村の変遷は北会津郡#郡発足までの沿革南会津郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1879年
次代:
北会津郡南会津郡