会社法施行規則

会社法施行規則 (かいしゃほうしこうきそく、平成18年2月7日法務省令第12号) は、会社法の細則を定める法務省令である。商法施行規則の後継だが、会社法施行後も商法施行規則は現存する。

会社法施行規則
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 会社則
法令番号 平成18年2月7日法務省令第12号
効力 現行法令
種類 会社法
主な内容 会社法の細則
関連法令 会社法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

会社法関係の法務省令には、本規則の他に、会社計算規則電子公告規則がある。本規則は、開示すべき情報 (117 - 128条) など、計算電子公告以外に関することを定める。

目次編集

  • 第一編 総則 (1 - 4条) - 通則、親会社子会社などの用語の定義
  • 第二編 株式会社 (5 - 158条) - 各書面の記載事項など
  • 第三編 持分会社 (159 - 161条)
  • 第四編 社債 (162 - 177条)
  • 第五編 組織変更、合併、会社分割、株式交換及び株式移転 (178 - 213条)
  • 第六編 外国会社 (214 - 216条)
  • 第七編 雑則 (217 - 238条)

外部リンク編集