メインメニューを開く
伝兵衛の署名した文書

伝兵衛(でんべえ)は、江戸時代中期の漂流者。記録に残る中では最初にロシアを訪れた日本人漂流民で、ロシア日本語を教えた最初の日本人とされる。

大坂谷町質屋の息子だった伝兵衛は、1696年、海路で江戸に向かう途中嵐に遭い、漂流の後カムチャツカ半島に漂着したが現地民に捕えられる。1697年にロシア人ウラジーミル・アトラソフロシア語: Владимир Васильевич Атласов英語: Vladimir Atlasov)の探検隊に発見された。その後、ロシア帝国モスクワに連れて行かれ、ピョートル1世に謁見した。さらに、ロシアにおける最初の日本語教師となった。また日本人初の正教徒となった。

外部リンク編集