メインメニューを開く

伝統文法(でんとうぶんぽう)は、元々ギリシア語ラテン語研究するなかで生まれた文法である。格変化などを特徴とし、ヨーロッパ諸国が自国語の文法を整備していくなかで、ギリシア語やラテン語以外のヨーロッパ各国の言語に当てはめられた。しかし、インド・ヨーロッパ語族に属さない言語に当てはめるには限界があるという考えもある。またヨーロッパ以外、アラビア語サンスクリット中国語においても各地で文法の研究は行われた。なかには古代インドのパーニニの研究のように、現代の言語学における文法の扱いのほうに近い、という評価のある歴史的な文法研究もある。

一般には、近代以降の言語学の文法ないし特に現代言語学の生成文法等と対置する意味合いで伝統文法という語が使われるという場合が多い。

関連項目編集