本来の表記は「伯嬴」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

伯嬴(はくえい、生没年不詳)は、平王の夫人で、昭王の母。

伯嬴
の王后

配偶者 平王
子女 昭王
季羋
氏族 嬴姓趙氏
父親 哀公
出身諸侯国
テンプレートを表示

伯嬴は哀公の娘として生まれた。紀元前527年、楚の平王は費無忌を秦に派遣して太子建中国語版の妃として伯嬴を迎えさせた。しかし費無忌は伯嬴の美しさをみて、平王に自ら彼女をめとるよう勧めた。平王はこれを聞き入れて伯嬴をめとった。伯嬴は熊珍(のちの昭王)を生んだ[1]

紀元前506年、楚軍と軍が柏挙で戦い、呉が楚に勝利した。呉軍が楚の首都であるに侵入し、昭王は随に逃亡した[2]。呉王闔閭は郢の後宮にいた女性たちを手籠めにした。順番が伯嬴に回ってくると、伯嬴は刃を持って自殺の覚悟を示し、君王の節義を説いたので、闔閭は恥じ入って退出した。伯嬴はその乳母とともに宮中の門を閉ざし、衛兵にも武装解除させなかった[3]紀元前505年、秦軍が救援にやってきて、呉軍は撤退し、昭王が郢に復帰した[4]

脚注編集

  1. ^ 史記』楚世家
  2. ^ 春秋左氏伝』定公4年
  3. ^ 列女伝』貞順伝「楚平伯嬴」
  4. ^ 『春秋左氏伝』定公5年