伯爵夫人 (1967年の映画)

1967年のチャールズ・チャップリン監督映画

伯爵夫人』(はくしゃくふじん、原題:A Countess from Hong Kong)は、1967年に公開された喜劇映画で、チャールズ・チャップリン最後の監督作品。本作はチャップリン作品中、唯一のカラー映画である。また、チャップリンが自分の監督作品で主演をしなかったのはこの「伯爵夫人」と、1923年公開の「巴里の女性」(A Woman of Paris)のみである。チャップリンは端役でカメオ出演しているが、これは彼がスクリーンに見せた最後の姿となった。主演はマーロン・ブランドソフィア・ローレンティッピ・ヘドレン、そしてチャップリンの次男であるシドニー・アール・チャップリン

伯爵夫人
A Countess from Hong Kong
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 ジェローム・エプスタイン
音楽 チャールズ・チャップリン
撮影 アーサー・イベットソン
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 イギリスの旗 1967年1月5日
日本の旗 1967年2月11日
アメリカ合衆国の旗 1967年3月15日
上映時間 120分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,500,000 (推定)
テンプレートを表示

本作は興行的に失敗し、批評家からの評価も得られなかった。しかし、チャップリン自身が作曲した劇中の楽曲 "This Is My Song"(邦題:『愛のセレナーデ』) は、ペトゥラ・クラークの歌唱によりヒット曲となり、制作費の赤字が穴埋めされることとなった。

ストーリー編集

サウジアラビア大使に任命されたオグデン・ミアーズ(マーロン・ブランド)は、世界旅行を終え、アメリカに帰国する船の上にいた。彼は寄港した香港ロシアからの伯爵夫人ナターシャ(ソフィア・ローレン)に会う。彼女は売春行為を強要される香港での生活から逃れるため、オグデンの乗る船に忍び込み密航を図るが、オグデンに見つかってしまう。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
TBS ソフト版
オグデン・ミアーズ マーロン・ブランド 川合伸旺 土師孝也
ナターシャ・アレクサンドロフ伯爵夫人 ソフィア・ローレン 富永美沙子 深見梨加
ハーヴェイ・クロザーズ シドニー・アール・チャップリン 肝付兼太 伊藤和晃
ハドソン パトリック・カーギル英語版 八奈見乗児 佐々木敏
マーサ・ミアーズ ティッピ・ヘドレン 山本嘉子 渡辺美佐
クラーク オリバー・ジョンストン英語版
ジョン・フェリックス マイケル・メドウィン英語版
船長 ジョン・ポール
ミス・ゴールズウォロー マーガレット・ラザフォード
社交界の娘 アンジェラ・スカウラー英語版
ダンス会場の娘 ジェラルディン・チャップリン
年老いた接客係 チャールズ・チャップリン 野本礼三
不明
その他
田中亮一
杉田郁子
鈴木れい子
吉田理保子
細井重之
村松康雄
水鳥鉄夫
荘司美代子
演出 左近允洋
翻訳 磯村愛子
効果 PAG
調整 坂巻四郎
制作 グロービジョン
解説 荻昌弘
初回放送 1975年4月28日
月曜ロードショー

製作編集

この映画はチャップリンが1930年代に彼の妻ポーレット・ゴダードを主演とした『密航者(英:The Stowaway)』として企画された作品を下地として制作されたものである[1]。 本作は、ティッピ・ヘドレンがアルフレッド・ヒッチコック監督の作品でスターとなった後、最初に出演した作品であった。ヘドレンはこの作品に高い期待を抱いていたが、台本を受け取ると期待は失望に変わった。ヘドレンの役は、ブランドの疎遠になった妻という小さなもので、ヘドレンはチャップリンに彼女の役の出番を増やすように求めた。チャップリンはヘドレンの願いを叶えようとしたが出来なかった。本作のストーリーの大半は船の中で進行し、ヘドレンの役は映画の終わり近くに乗船してくる設定だったからである。最終的にヘドレンはこの役を受け入れ、後にチャップリンの作品に出演できた喜びを語っている。

なお、本作はハリウッド資本で製作されているが、撮影は全てロンドン郊外にあるパインウッド・スタジオにて1966年に行われた。

エピソード編集

  • 主役を演じたブランドは、当時をふりかえって「ローレンの息が臭かった」とコメントしている。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 大野 2005, p. 181.

参考文献編集

  • 大野裕之 『チャップリン再入門』日本放送出版協会〈生活人新書〉、2005年4月。ISBN 978-4-1408-8141-5 

外部リンク編集