メインメニューを開く

人物編集

福岡県立福岡高等学校を経て日本大学芸術学部映画学科脚本コース卒業。在学中に石森史郎佐治乾らに師事。1981年頃から本格的に脚本家の活動を開始する。

2005年8月、自身の短編小説集「ラヴ・コール」を無断で俳優養成学校公演の脚本に使用されたとして、脚本家の高橋いさをと養成学校の経営者を相手どり、550万円の損害賠償や謝罪広告の掲載を求め、東京地裁に提訴した。2006年3月30日に高橋が著作権侵害を認め、謝罪金50万円を払うことなどで和解が成立[1][2]

2012年2月、同年4月からフジテレビ系列で放送されたドラマ『家族のうた』について、自身が以前脚本を担当した『パパはニュースキャスター』と設定が酷似することを自身のTwitterで公表し、話題となった[3][4]

2013年3月28日、第18代東京都知事猪瀬直樹が副知事時代の2012年10月に彼の公式ツイッターにおいて、猪瀬が原作を担当した漫画『ラストニュース』を、「アホ脚本家が日テレで換骨奪胎し安っぽい報道ドラマにした」「佐野眞一ハシシタ問題が現れたので盗作に触れた」などとツイートした件について、伴の担当したドラマ『ストレートニュース』と特定されると主張し、盗作の汚名を着せられ名誉を傷つけられたとして、猪瀬に550万円の損害賠償と謝罪ツイートを求める訴えを東京地方裁判所に起こした[5]。この訴訟は2014年3月26日、猪瀬が伴に対し100万円を支払うこととTwitter上に謝罪文を掲載するとの内容で和解が成立した[6]

作品編集

テレビドラマ編集

Webドラマ編集

  • でぶせん(完全版)(2016年・Hulu

映画編集

  • 色情海女 ふんどし祭り(1981年)
  • バックが大好き!(1981年)
  • 肉体保険 ベッドでサイン(1981年)
  • 女体育教師 跳んで開いて(1981年)
  • 快楽温泉郷 女体風呂(1981年)
  • 生録・盗聴ビデオ(1982年)
  • 白薔薇学園(1982年)
  • 受験慰安婦(1982年)
  • お姉さんの太股(1983年)
  • ゴールドフィンガー・もう一度奥まで(1983年)
  • ケンちゃんちのお姉さん(1983年)
  • セックスメイド・お掃除のあとで(1984年)
  • デボラがライバル(1997年)
  • 殴者 NAGURIMONO(2005年)
  • 初雪の恋 ヴァージン・スノー(2007年)
  • 劇場版 JKニンジャガールズ(2017年)

舞台編集

小説編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 小説無断使用の訴訟で和解 脚本家伴一彦さんに謝罪 47NEWS(共同通信) 2006年3月31日
  2. ^ 著作権侵害事件について BAN IS FOR BAN(伴一彦オフィシャルサイト) 2006年4月12日
  3. ^ ひじかたさとし (2012年2月15日). “4月スタートのオダギリジョー主演ドラマに「設定盗作」騒動!?”. 楽天woman. 2012年2月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月28日閲覧。
  4. ^ 伴一彦 (2012年2月23日). “【「パパはニュースキャスター」を巡るフジテレビとの顛末】”. BAN IS FOR BAN〔伴一彦公式サイト〕. 2013年3月28日閲覧。
  5. ^ 「『盗作』の汚名着せられた」猪瀬都知事を提訴 ドラマ脚本家”. msn産経ニュース. 産経新聞社 (2013年3月28日). 2013年3月28日閲覧。
  6. ^ “猪瀬前知事、脚本家に謝罪…名誉毀損訴訟で和解”. 読売新聞. (2014年3月26日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140326-OYT1T00389.htm 2014年3月27日閲覧。 

外部リンク編集