メインメニューを開く
 
伴保平
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 貞観9年(867年
死没 天暦8年4月16日954年5月20日
官位 従三位参議
主君 宇多天皇醍醐天皇朱雀天皇村上天皇
氏族 大伴氏(大伴宿禰→大伴朝臣)
父母 父:伴春雄
兄弟 保平忠行、保在
仲舒、彦貞
テンプレートを表示

伴 保平(とも の やすひら)は、平安時代前期から中期にかけての公卿播磨守伴春雄の子。官位従三位参議

経歴編集

寛平3年(891年内舎人に任ぜられ官途に就く。木工少允織部正を経て、延喜9年(909年従五位下肥前守に叙任される。

延喜10年(910年諸陵頭次いで修理亮と一時京官を務めるが、翌延喜11年(911年若狭守として再び地方官に遷ると、紀伊守伊勢守大和守近江守と、醍醐朝の後半から朱雀朝にかけてほぼ30年の長きに亘って地方官を歴任する。またこの間、延喜17年(917年)従五位上、延長6年(928年正五位下と昇進している。

延長8年(930年朱雀天皇の即位に伴い従四位下に、承平2年(932年)には長年の治国の功労により従四位上に昇叙されるなど、朱雀朝では順調に昇進し、天慶2年(939年)には参議に任ぜられて73歳にして公卿に列した。その後は議政官として大蔵卿を長く兼帯し、近江守・播磨守・大和権守と引き続き地方官も兼任した。この間、天慶4年(941年正四位下に昇叙され、天慶5年(942年)には宿禰姓から朝臣姓に改姓されている。

村上朝の天暦4年(950年)正月に従三位に叙せられるが、同年10月参議を致仕する。致仕後の天暦5年(951年右大臣藤原師輔大饗に列している。天暦8年(954年)4月16日薨去。享年88。最終官位は大蔵卿前参議従三位。

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 或いは29日。
  2. ^ 『公卿補任』
  3. ^ 鈴木真年『百家系図』巻59,大伴宿禰
  4. ^ 地下家伝

参考文献編集

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年