メインメニューを開く

伴信彦(ばん のぶひこ、1963年7月 - )は、日本の放射線医学者環境省原子力規制委員会委員。

伴信彦
(ばん のぶひこ)
生誕 1963年7月??
日本の旗 日本
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 放射線医学
研究機関 東京医療保健大学東が丘看護学部
原子力規制委員会
出身校 東京大学
プロジェクト:人物伝

目次

略歴編集

  • 1983年(昭和63年)3月 東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
  • 1983年(昭和63年)4月 動力炉・核燃料開発事業団入社
  • 1993年(平成5年)4月 東京大学医学部助手
  • 1998年(平成10年)4月 博士(医学)取得(東京大学)[1]
  • 1998年(平成10年)4月 大分県立看護科学大学看護学部講師
  • 2004年(平成16年)4月 看護学部助教授
  • 2011年(平成23年)4月 東京医療保健大学東が丘看護学部教授[2]
  • 2015年(平成27年)9月19日 原子力規制委員会委員[3]

活動編集

  • 国際放射線防護委員会 (ICRP) 第1専門委員会委員、原子放射線の影響に関する国連科学委員会 (UNSCEAR) 日本代表団メンバーとして、放射線影響に関する国際的な議論に参加し、最新の学術的知見の評価に取り組む。
  • 放射線影響と防護の第一人者として、国や自治体、各種機関の委員会等において、放射線の被ばくと健康影響に関する課題の検討に参画する。
  • 日本保健物理学会「暮らしの放射線Q&A活動委員会」委員長として、放射線をめぐる様々な質問への回答を取りまとめるなど、放射線影響・リスクに関する科学的な知識の普及に努める。 - 原子力規制委員会HPより

脚注編集

外部リンク編集