似顔絵

似顔絵(にがおえ)とは、人物の容貌や特徴をとらえて、あるいはデフォルメして描いた人物画。

東洲斎写楽による浮世絵:市川鰕蔵の似顔絵

浮世絵役者絵のうち、役者の個性をとらえて描いたものが特に「似顔絵」と呼ばれるようになった。それ以降、浮世絵に限らず、人物の顔を似せて、あるいはデフォルメして描いた肖像画も「似顔絵」とよばれるようになった。

目次

浮世絵における似顔絵編集

浮世絵初期の役者絵は、役者個人の特徴をとらえたものではなかった。浮世絵中期にあたる明和年間、一筆斎文調勝川春章が役者個人個人の特徴をとらえた浮世絵を描きはじめ、これが「似顔絵」と呼ばれるようになる。役者似顔絵を得意とした絵師には、勝川春好勝川春英鳥居清長東洲斎写楽歌川豊国などがいる。

浮世絵以外の似顔絵編集

 
デッサンによる子供の似顔絵

後世、浮世絵以外でも、対象個人の特徴をよくとらえた肖像を似顔絵と呼ぶようになる。それらの似顔絵には、芸術性を帯びた肖像画から、風刺パロディの要素を持った漫画イラストレーションのようなものまである。たとえ子どもの殴り書きのような簡単なスケッチでも、人物の顔の特徴をとらえて似せた絵は立派な「似顔絵」である。逆に美術的には優れた絵でも、特徴を捉えていない物は似顔絵とは言わない。

1981年から山藤章二週刊朝日誌上で「山藤章二の似顔絵塾」の連載を持ち、塾生から多くの似顔絵描きを輩出した。

犯罪捜査としての似顔絵編集

警察による身元不明者や犯罪被害者(白骨死体から復顔した後など)の情報提供を呼びかける場合や、犯人指名手配する際の写真が得られない場合、または指名手配犯が整形手術で顔形を変える可能性がある場合、「似顔絵」または「整形後の想像画」を用いることが多い。これらを担当する捜査官は似顔絵捜査官と呼ばれる。

また、似顔絵は顔の特徴を強調するため、写真やビデオ画像よりも犯人の記憶を思い起こしやすく、かえって逮捕に繋がりやすいという[1]

似顔絵描き編集

 
テルトル広場の画家たち

無名画家たちの収入源のひとつが「似顔絵描き」である。街角に立ち、似顔絵の見本を並べ、観光客の似顔絵を描いてなにがしかの収入を得る。

フランスパリは一名、「芸術の都」と称され、無名の画家たちが数多く住んできた。モンマルトルにあるテルトル広場は似顔絵描きが数多くいることで知られ、パリの観光スポットにもなっている。

日本では東京上野公園の入り口階段付近やイベント会場などで似顔絵描きが行われている。

1914年(大正3年)、静岡駅頭で似顔絵を描いた漫画家・服部亮英を嚆矢とする専門家もいる。

似顔絵漫画編集

似顔絵を使った漫画もある。特に政治や世情に関する風刺や批判を目的とする漫画やスポーツ・芸能の情報関連の漫画では有名人の似顔絵がほとんど必須である。

テレビ番組における似顔絵編集

テレビにおいては、近年では主にバラエティ番組において、放送中の番組に出演していないタレントを紹介するときに似顔絵を用いることが増えている。これは、写真を使用する場合タレントには肖像権が絡むため関係各所に許可を得なければならず、芸能事務所によっては所属タレントの写真の使用を原則認めていないところがある(ジャニーズ事務所がその例[2])ことが要因。そのため、写真の代わりに似顔絵を用いることで、その権利関係をクリアするようになってきている。

参考図書編集

  • 山藤章二『カラー版 似顔絵』 岩波新書 岩波書店 ISBN 4004306752 2000年
  • 和田誠『似顔絵物語』 白水社 ISBN 4560046638 1998年
  • 小河原智子『似顔絵18のテクニック―ワンポイントで楽しむ』 日貿出版社 ISBN 4817032847 2002年
  • 小河原智子『小河原智子のだれでもカンタン!「ポジション式」似顔絵入門』造事務所 (編集) 河出書房新社 ISBN 4309268382 2005年
  • 清つねお『似顔絵教室』 晩成書房 ISBN 4893802712 2002年
  • 「似顔絵漂流記」アウトドア・ライフの大衆芸人 :玉川しんめいパンリサーチインスティテュート
  • 似顔絵情報誌 『NIDO1号』 NIDO編集部 2009年7月
  • 似顔絵情報誌 『NIDO2号』 NIDO編集部 2009年12月

脚注編集

  1. ^ 『記憶呼び起こす似顔絵、難事件相次ぎ解決…科学捜査時代に』2008年3月18日付配信 読売新聞
  2. ^ “外務省がタッキー写真をウェブ掲載! ミス?担当者に質問すると...”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2017年8月31日). https://www.j-cast.com/2017/08/31307303.html 2017年8月31日閲覧。 

関連項目編集