メインメニューを開く

伽耶院(がやいん)は兵庫県三木市にある天台修験道寺院。山号は大谷山(おおたにさん)。宗派は本山修験宗。本尊は毘沙門天山伏の寺として知られる。新西国三十三箇所第26番札所。

伽耶院
Otaniji Gayain 03.JPG
本堂と多宝塔(ともに重要文化財)
所在地 兵庫県三木市志染町大谷410
位置 北緯34度48分20.1秒
東経135度03分31.9秒
座標: 北緯34度48分20.1秒 東経135度03分31.9秒
山号 大谷山(おおたにさん)
宗派 本山修験宗
本尊 毘沙門天
創建年 伝・大化元年(645年
開基 伝・法道仙人、孝徳天皇(勅願)
正式名 大谷山 大谿寺 伽耶院
札所等 新西国三十三箇所第26番
文化財 本堂、多宝塔、三坂明神社ほか(重要文化財)
法人番号 1140005006110
テンプレートを表示

歴史編集

寺伝では孝徳天皇勅願寺として、大化元年(645年)に法道仙人が開基したとされる。以来大谿寺(だいけいじ)と称していたが、延宝9年(1681年)に後西上皇の勅により仏陀伽耶に因む寺号、伽耶院と改めた。

法道仙人は天竺インド)から雲に乗って日本に飛来したとされる伝説的な人物である。現在の兵庫県南部を中心に法道開基伝承をもつ寺院が点在することから、「天竺から飛来」云々はともかく、モデルとなる山岳修行者が存在したことは想定される。法道開基伝承をもつ他の寺院と同様、伽耶院についても草創の正確な時期や経緯については判然としない。

平安時代中期には数十の堂宇と百三十余の坊舎をもち、花山法皇の行幸があったと記されるなど隆盛を極めたが、安土桃山時代羽柴秀吉三木城攻めにおいて、当山に別所長治方の陣が置かれたことによる兵火により、また慶長14年(1609年)には失火により、城塞のような石垣を残して全山を焼失した。現存する堂塔は慶長15年(1610年)以降の諸国大名の寄進によるものである。

中世以降、聖護院末の修験寺院として勢力をもち、江戸時代には天台系山伏を統率する四院家のひとつとして修験界に威をふるった。現在も10月の体育の日には、各地から多数の山伏が参集し、近畿地方では最大の規模を誇る採燈大護摩が行われている。

建築物編集

文化財編集

重要文化財編集

  • 本堂 附:宮殿
  • 多宝塔
  • 三坂明神社本殿 附:石燈籠2基
  • 木造毘沙門天立像 - 平安時代末期

その他編集

行事編集

 
2004年採燈大護摩供
  • 1月1 - 3日 - 修正会
  • 1月15日 - とんど祭り(さぎちょう)
  • 5月8日 - 花祭
  • 8月23、24日 - 万燈会(地蔵盆)
  • 10月第2月曜日(体育の日) - 採燈大護摩供

札所編集

新西国三十三箇所
25 太山寺 -- 26 伽耶院 -- 27 鶴林寺

拝観情報編集

  • 入山料 - 草ひき十本
  • 内陣仏像拝観 - (電話要予約)拝観料志納
  • 所在地 - 〒673-0513 兵庫県三木市志染町大谷

交通アクセス編集

周辺情報編集

 
断層

関連項目編集

外部リンク編集