数学において位数 (いすう、 : order[1])とは,階数次数などと同じくある種の指標 (index) として働く数に用いられる。

"order"編集

"order" 以外編集

脚注編集

  1. ^ "order" は、ものによっては、「位数」ではなく、階数もしくは次数と和訳される(各々を参照のこと)。