メインメニューを開く

低分子GTPアーゼ(ていぶんしりょうジーティーピーアーゼ)または低分子GTP結合タンパク質は、一群のGTP結合タンパク質で、低分子量(20-25 kDa)のものをいう。グアノシン三リン酸(GTP)を結合し、加水分解してGDP(グアノシン二リン酸)とし、さらにそのGDPをGTPに交換することで、細胞内シグナル伝達のスイッチ機能を果たす。代表的なものとしてがん遺伝子ras(ラス)の産物があり、いずれもこれとの配列類似性が高いので、Rasスーパーファミリーとも呼ぶ。

シグナル伝達編集

低分子Gタンパク質と呼ぶこともあるが、狭義のGタンパク質(3量体型Gタンパク質)とは構造および機能に関して部分的に類似するものの、異なる点も多い。GDP/GTP交換タンパク質(GEF)およびGTPアーゼ活性化タンパク質(GAP)の調節を受けながら、GTPとGDPを結合した状態がそれぞれオン/オフに相当する分子スイッチとして機能している。低分子GTPアーゼは細胞内の様々な機能、すなわち細胞の増殖・分化・運動、脂質小胞の輸送などの調節に関与する。

Rasスーパーファミリー編集

Rasスーパーファミリーは100種類以上が知られている。系統樹から5つのサブファミリー、Ras、Rho、Rab、Arf、Ranに分けられる。それぞれに特徴的な機能を果たすことが知られている。

外部リンク編集