メインメニューを開く
アメリカ農務省の食事ピラミッド(1994年)
食事ピラミッドの新しい版(2010年代)[1]

低脂肪食(ていしぼうしょく、英:Low-fat diet)は、脂肪や、しばしば飽和脂肪酸コレステロールを制限する食事法である。心血管疾患肥満を軽減することが目的である。この食事法はカロリーを減らすことが容易となる。脂質は1グラム当たり9キロカロリーであり、 炭水化物とタンパク質は4キロカロリーであるため、低脂肪にした場合にはより多い量を食べることができる。米国医学研究所(IOM)は、飽和脂肪酸を制限し、肥満を予防するために、脂肪の摂取量を総カロリーの35%に制限することを推奨している。

証拠編集

総脂質摂取量を減らすことは、カロリー摂取量の減少につながり、体重を減らしたり、体重が増加することをおさえる[2]。全体的な利益は小さいが、なお有益である[3]。総カロリー量を減らすほかの食事法と比較して、体重減少の程度には差がないようである[4][5]

低脂肪食は心疾患の予防がうたわれている。総カロリーに対する35-40%の低い脂肪摂取量は、総コレステロールとlLDLコレステロールを10から20%減少させることが示されている。このことの大半は飽和脂肪酸の摂取量の減少によるものである[6]。飽和脂肪酸は多くの研究にて総コレステロールとLDLコレステロールを上昇させることが示されており[7]、心疾患の高いリスクとなる相関関係がある[8]

2013年のランダム化比較試験のメタアナリシスは、低脂肪食が総コレステロールとLDLを減少させたが、低カロリー食ではそうではなかった。低脂肪食、高脂肪食のどちらも明白に推奨することができないことを結論している[9]

2019年のシステマティックレビューで、糖尿病管理ために6か月以上追跡した20件のランダム化比較試験が見つかり、低脂肪食と低炭水化物食の比較では、基本的に血糖制御、体重と脂質に有意な差はなかったが、一部の研究では低炭水化物食が有利であった。地中海食では、体重とHbA1cのより大きな減少と糖尿病の薬を必要としない時期が長かった。完全菜食マクロビオティックでは血糖制御の改善、菜食ではより大きな体重減少とインスリン感受性を示した。結論としてよりよい血糖制御のために完全菜食、菜食、地中海食を導入すべきという証拠が見つかり、調査のためにより長期の試験が必要とされる。[10]

栄養学的な観点編集

1977年に「米国の食事目標」が報告されたとき、全900ページほどあるその「補足見解」[11]という報告書の多くは脂肪の問題点について当てられ、動物性脂肪の摂取を減らすという目標につながり、飽和脂肪酸の摂取を減らすという指針が作られた[12]。そうして、脂肪の種類を大衆が判断するのは難しいと考えた栄養学者たちは、「脂肪は良くない」という単純化されたメッセージを作り、脂肪を30%に制限するという推奨は専門家の間でも定着し、多くの脂肪を摂取した人々よりも健康状態が良いという研究結果が得られることが期待された[13]。実際に、長期的に低脂肪食が良いと示した研究が存在したということではない[13]

「脂肪は良くない」という1960年代から続いている神話は、過剰な単純化であり、そうした食事や脂肪を含まない食品を生み出してきたが、効果はないと考えられる[14]。脂肪が摂取カロリーの40%程度を占めるギリシャの伝統食である地中海食は、日本の伝統食並みに心臓疾患のリスクが低い[13]。実際には、大きく4種類の脂肪が存在し、水素添加された油のトランス脂肪酸と肉や乳製品に含まれる飽和脂肪酸が心血管疾患に関連し、植物油、ナッツ、全粒粉、魚に多い多価不飽和脂肪酸、特にω-3脂肪酸がそうしたリスクを下げる[14]

2015年にも『米国医師会雑誌』で30%という勧告に異議が唱えられており[15]、最新の2015年の食生活指針ではその上限を撤廃した[16]

出典編集

  1. ^ MyPyramid”. USDA. 2007年7月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月23日閲覧。
  2. ^ Food and nutrition board, institute of medicine of the national academies (2005). Dietary reference intakes for energy, carbohydrate, fiber, fat, fatty acids, cholesterol, protein, and amino acids (macronutrients). National Academies Press. pp. 774–777. http://www.nap.edu/openbook.php?record_id=10490&page=774. 
  3. ^ Hooper, L; Abdelhamid, A; Moore, HJ; Douthwaite, W; Skeaff, CM; Summerbell, CD (Dec 6, 2012). “Effect of reducing total fat intake on body weight: systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials and cohort studies.”. BMJ (Clinical research ed.) 345: e7666. doi:10.1136/bmj.e7666. PMC: 3516671. PMID 23220130. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3516671/. 
  4. ^ Pirozzo, S; Summerbell, C; Cameron, C; Glasziou, P (2002). “Advice on low-fat diets for obesity.”. The Cochrane database of systematic reviews (2): CD003640. doi:10.1002/14651858.CD003640. PMID 12076496. 
  5. ^ Strychar, I (Jan 3, 2006). “Diet in the management of weight loss.”. CMAJ : Canadian Medical Association 174 (1): 56–63. doi:10.1503/cmaj.045037. PMC: 1319349. PMID 16389240. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1319349/. 
  6. ^ Lichtenstein AH; Van Horn L (1998). “Very low fat diets”. Circulation 98: 935–939. doi:10.1161/01.cir.98.9.935. http://circ.ahajournals.org/content/98/9/935.full. 
  7. ^ Food and nutrition board, institute of medicine of the national academies (2005). Dietary reference intakes for energy, carbohydrate, fiber, fat, fatty acids, cholesterol, protein, and amino acids (macronutrients). National Academies Press. pp. 482. http://www.nap.edu/openbook.php?record_id=10490&page=482. 
  8. ^ Food and nutrition board, institute of medicine of the national academies (2005). Dietary reference intakes for energy, carbohydrate, fiber, fat, fatty acids, cholesterol, protein, and amino acids (macronutrients). National Academies Press. pp. 483. http://www.nap.edu-online-documents-archive.info/openbook.php?record_id=10490&page=483. 
  9. ^ Schwingshack, Lukas; Hoffmann, Georg (2014-10-17). “Comparison of effects of long-term low-fat vs high-fat diets on blood lipid levels in overweight or obese patients: a systematic review and meta-analysis.”. Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics (Elsevier Inc.) 113 (12): 1640–61. 2013-12. doi:10.1016/j.jand.2013.07.010. PMID 24139973. 
  10. ^ Papamichou, D.; Panagiotakos, D.B.; Itsiopoulos, C. (2019). “Dietary patterns and management of type 2 diabetes: A systematic review of randomised clinical trials”. Nutrition, Metabolism and Cardiovascular Diseases 29 (6): 531–543. doi:10.1016/j.numecd.2019.02.004. PMID 30952576. 
  11. ^ Dietary goals for the United States, supplemental views 869p, Nutrition and Human Needs of the United States Senate.
  12. ^ 宮崎基嘉(国立健康栄養研究所基礎栄養部長)「米国の食事目標に学ぶもの」『米国の食事目標(第2版)-米国上院:栄養・人間ニーズ特別委員会の提言』 食品産業センター、1980年3月。Dietary Goals for the United States (second edition)
  13. ^ a b c W. C. ウィレット、M. J. スタンファー「ヘルシーな食事の新しい常識」『エイジング研究の最前線 心とからだの健康』日経サイエンス編集部、日経サイエンス〈別冊日経サイエンス 147〉、2004年11月11日、116-125頁。ISBN 978-4-532-51147-0 Willett, Walter C.; Stampfer, Meir J. (2006). sp “Rebuilding the Food Pyramid”. Scientific American 16 (4): 12–21. doi:10.1038/scientificamerican1206-12sp. https://www.scientificamerican.com/article/rebuilding-the-food-pyramid/ sp. 
  14. ^ a b Skerrett PJ, Willett WC (2010). “Essentials of healthy eating: a guide”. J Midwifery Womens Health 55 (6): 492–501. doi:10.1016/j.jmwh.2010.06.019. PMC: 3471136. PMID 20974411. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3471136/. 
  15. ^ Mozaffarian D, Ludwig DS (2015). “The 2015 US Dietary Guidelines: Lifting the Ban on Total Dietary Fat”. JAMA 313 (24): 2421–2. doi:10.1001/jama.2015.5941. PMID 26103023. 
  16. ^ Dariush Mozaffarian, David S. Ludwig (2015年7月9日). “Why Is the Federal Government Afraid of Fat?”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2015/07/09/opinion/why-is-the-federal-government-afraid-of-fat.html 2017年8月15日閲覧。 

外部リンク編集