住之江郵便局

大阪府大阪市住之江区にある郵便局

住之江郵便局(すみのえゆうびんきょく)は、大阪府大阪市住之江区にある郵便局民営化前の分類では集配普通郵便局であった。

Postal Mark w (Japan).svg 住之江郵便局
Suminoe post-office 41028.jpg
基本情報
正式名称 住之江郵便局
前身 住吉郵便局
局番号 41028
設置者 日本郵便株式会社
所在地 559-8799
大阪市住之江区新北島5-2-18
位置 北緯34度36分28.7秒
東経135度27分55.1秒
貯金
店名 ゆうちょ銀行 代理店
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
特記事項
ATMホリデーサービス実施
テンプレートを表示

概要編集

住所:〒559-8799 大阪府大阪市住之江区新北島5-2-18

現在の大阪市住之江区と住吉区は、もと一つの区(住吉区)であったため、当局もかつては「住吉郵便局」を名乗っていた。しかし、1974年(昭和49年)の分区に伴い、当地が住之江区に所属することになったため、現在の局名に改称されている。大阪市内では、淀川郵便局(旧・東淀川郵便局)、平野郵便局(旧・東住吉郵便局)も同様の経緯で改称されている。

沿革編集

  • 1874年明治7年)7月 - 住吉郵便局として設置(現在の住吉郵便局とは別)。
  • 1884年(明治17年)3月15日 - 一旦廃止。
  • 1886年(明治19年)4月22日 - 住吉郵便受取所として再設置。
  • 1894年(明治27年)9月30日 - 再度廃止。
  • 1900年(明治33年)11月1日 - 住吉郵便受取所として再設置。
  • 1905年(明治38年)4月1日 - 住吉郵便局となる。
  • 1923年大正12年) - 特定郵便局から普通郵便局に局種別改定。
  • 1964年昭和39年)6月6日 - 電話通話および和文電報受付事務の取扱を開始。
  • 1974年(昭和49年)7月22日 - 住吉区の分区により当局の所在地が住之江区となったことに伴い、住之江郵便局に改称[1]
  • 1980年(昭和55年)3月3日 - 住之江区浜口東二丁目から、同区新北島五丁目に局舎を新築、移転。
  • 1988年(昭和63年)6月27日 - 住吉区内の集配業務を、同日設置された住吉郵便局に移管。
  • 1990年平成2年)3月23日 - 花の万博の開催に合わせ、大阪市周辺の主な郵便局40局において、風景印を花をかたどった変形印に変更(当局は住之江区の花である山茶花)。
  • 1998年(平成10年)9月1日 - 外国通貨の両替および旅行小切手の売買に関する業務取扱を開始。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業住之江支店に、集配業務などを移管。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日本郵便株式会社発足に伴い、郵便事業住之江支店を住之江郵便局に統合。

取扱内容編集

周辺編集

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 昭和49年郵政省告示第484号(昭和49年7月22日付官報第14268号掲載)

外部リンク編集