メインメニューを開く

住人十色

住人十色 〜家の数だけある、家族のカタチ〜』(じゅうにんといろ 〜いえのかずだけある、かぞくのカタチ〜)は、毎日放送MBSテレビ)で2008年4月5日に放送が開始された生活情報番組。MBSのみ字幕放送を実施している。また、テレビ番組表などではタイトルを『住人十色』と表記することが比較的多い。

住人十色
〜家の数だけある、家族のカタチ〜
ジャンル 生活情報番組
出演者 松尾貴史
三船美佳
プロデューサー 堀素子 他
放送分 30分
制作 MBSテレビ毎日放送
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2008年4月5日 -
放送時間 土曜17:00 - 17:30

特記事項:
ナレーターはかわたそのこ
関西電力一社提供番組。

MBSでは、毎週土曜日夕方17:00 - 17:30(JST)に、関西電力一社提供番組として放送。2012年5月から2016年3月まで提供クレジットを表示しなかったが、2016年4月以降の放送では、「関西電力Presents 住人十色」というタイトルロゴをオープニング映像に出している。

開始当初は関西ローカル番組であったが、現在では、TBS系列局の一部や韓国台湾香港のテレビ局で遅れ放送を実施している。

目次

概要編集

7年間続いた『暮らしカルマガジン みかさつかさ』の後継番組として放送開始。番組のキーワードは『』。放送上「訪問者」と称するリポーターは、日本各地から1軒の『家』を訪れたうえで、『家の主(あるじ)』による『家』へのこだわりや『家』自体の魅力を探る。

紹介する『家』には、建築家建築設計事務所の手掛けた家屋が多く、狭小住宅リフォームを済ませたばかりの古民家分譲マンションの一室なども含まれる。番組の公式サイトでは、視聴者が知っている素敵な『家』の情報を随時募集している。

当番組では、リポートパート(『家』のVTR取材)とスタジオパートに大別。リポートパートの前後に、スタジオパートをはさむ構成になっている。「訪問者」は基本として、リポートパートのVTRにのみ出演。リポートVTRでは、『主』の家族が手料理で夕食を取っているシーンを最後に必ず挿入したり、『主』の家族が再現ドラマを行うシーンを挿入[1]したりする。放送時期や企画によっては、「訪問者」がスタジオパートにも登場したり、リポートVTRの中で『主』の家族と夕食を共にしたりすることがある。

スタジオパートでは、紹介する『家』のデータ(延床面積・建築面積・竣工時期・建築工法・建築またはリフォームの総費用)を必ず紹介。リポートVTRの合間には、その『家』の意外な特徴・悩みに関するクイズを、MCに向けて1問出題する。また、エンディングでは、MCがその『家』に関するショートコント風のやり取りを展開している。

スタジオパートでは、番組開始以来、基本として松尾貴史ユンソナがMCを務めてきた。ユンソナは、2008年8月から産休を取った後に第1子(男児)を出産。2009年1月から当番組に復帰したが、自宅のある韓国・ソウルで第1子の育児と第2子の出産準備に専念するため、2012年5月26日放送分で本番組を卒業した。同年6月2日放送分(以上の日付はいずれもMBSでの放送日)からは、三船美佳が2代目の女性MCを務めている。

なお、スタジオパートは木曜日に収録。番組開始から2014年3月29日放送分までの収録場所は、MBSスタジオ in USJ大阪市此花区)であった。毎日放送本社(大阪市北区茶屋町)の新館(通称「B館」)完成を機に、同スタジオを閉鎖することが決まったため、同年4月5日放送分からは「B館」のスタジオを収録に使用している。

出演者編集

現在編集

  • 松尾貴史(男性MC、番組開始 - )
  • 三船美佳(2代目女性MC、2012年6月2日 - )
    • 初代司会のユンソナがソウルでの交通事故による骨折で出演を見合わせていた時期(2010年12月4日放送分 - 2011年1月15日放送分、2011年1月1日放送分を除く)にも、上原さくらとともにユンソナの代役として出演していた。ユンソナの番組卒業を機にレギュラー出演を開始。
  • 高井美紀(ナビゲーター、MBSアナウンサー、2009年3月 - )
    • リポートパートとスタジオパートをつなぐ役回りで、「訪問者」が取材した『家』の補足情報をスタジオでMCに紹介。リポートVTRの途中には、MCに向けてクイズを1問出題する。
  • かわたそのこ(ナレーター)

訪問者編集

実際に日本各地の『家』を訪れるリポーター。基本としてほぼ週替わりでVTRに登場するが、出演頻度は担当者によって異なる。

他にも、単発あるいは不定期で出演するタレントがいる。

また、年始に放送される特別番組『住人十色 闘う家○○』(○○は西暦における放送年の年号)では、MCが「訪問者」を兼ねることもある。2014年1月2日の14:00 - 15:00に関西ローカルで放送された『闘う家2014』では、三船が母・喜多川美佳のために新築したばかりの家を、松尾と三船が紹介。喜多川や、三船と同居していた当時の夫・高橋ジョージも登場した。

過去の出演者編集

  • ユンソナ(初代女性MC、番組開始 - 2008年8月2日・2009年1月10日放送分 - 2010年11月28日放送分・2011年1月22日放送分-2012年5月26日放送分)
    • 2008年8月16日放送分から12月27日放送分まで第1子の出産、2010年12月4日放送分から2011年1月15日放送分までは、交通事故での骨折による療養を理由に、それぞれ出演を見合わせていた。なお、療養から復帰する直前に放送された特別番組『おせちもいいけどおウチもね〜闘う家2011〜』(2011年1月1日放送分)では、松尾が韓国でリハビリ中のユンソナの自宅を訪れた模様のVTRが放送された。
  • 鈴木健太(MBSアナウンサー、2008年10月 - 2009年2月)「訪問者」の1人としてレギュラー出演
  • 上原さくら(2010年12月4日放送分 ‐ 2011年1月15日放送分)
    • ユンソナの交通事故療養期間中に、三船とともに女性MCを代演(いずれも2011年1月1日分を除く)。
  • 武川智美(ナレーター、MBSアナウンサー、#329で かわたそのこの代役)
  • 松尾明子(ナレーター、MC企画所属、#330 - #342で かわたそのこの代役)

以下の人物はいずれも、ユンソナの産休期間中に女性MCを代演。

  • 平山あや(2008年8月16日放送分 - 2008年10月18日放送分)※急病のため途中降板
  • 井森美幸(2008年10月25日放送分 - 2008年11月8日放送分)
  • 新山千春(2008年11月15日放送分 - 2008年12月27日放送分)

ネット局編集

日本国内編集

放送時間については、編成上の事情や紹介する内容などに応じて、36分間に延長することがある。

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送開始日 遅れ 脚注
近畿広域圏 毎日放送(MBS) TBS系列 土曜 17:00 - 17:30 2008年4月5日 制作局
静岡県 静岡放送(SBS) 日曜 6:15 - 6:45 2011年5月22日 遅れネット [3]
鳥取県島根県 山陰放送(BSS) 土曜 17:00 - 17:30 2012年4月7日 [4]
山形県 テレビユー山形(TUY) 日曜 6:15 - 6:45 2012年7月13日 [5]
愛媛県 あいテレビ(itv) 日曜 12:54 - 13:30 2015年4月5日
長崎県 長崎放送(NBC) 日曜 16:30 - 17:00 2015年7月12日
宮崎県 宮崎放送(MRT) 木曜 15:30 - 16:00 2016年4月7日
山梨県 テレビ山梨(UTY) 木曜 9:55 - 10:25 -
石川県 北陸放送(MRO) 土曜 5:47 - 6:15 - [6]
全国 Dlife BS放送 火曜 19:00 - 19:30
日曜 9:30 -10:00
2015年4月7日 [7]

MBS以外のネット局ではいずれも、関西電力のCMを差し替え。山陽放送(RSK)、信越放送 (SBC)でも不定期で放送している。

過去のネット局編集

放送対象地域 放送局 放送日時 系列 放送開始日 遅れ 脚注
富山県 チューリップテレビ(TUT) 月曜 15:55 - 16:24 TBS系列 2010年3月頃 - 2011年4月
2012年6月 - 2014年3月
遅れネット [8]
高知県 テレビ高知(KUTV) 土曜 17:00 - 17:30 2013年1月5日 - 2014年3月22日

日本国外編集

初代女性MC・ユンソナの母国である韓国では、彼女の出演期間中にMBSで放送した回の一部を、2011年10月からHOMESTORY(ケーブルテレビ向けの生活・住宅・インテリア専門チャンネル)で放送中[9]香港台湾のテレビ局でも、MBSで放送された内容を、同局から数ヶ月遅れで流している[10]

スタッフ編集

  • 構成:草場昭子、上地茂晴、高井祥、土屋幸喜
  • ブレーン:赤松利恵、平野友介、上野大輔
  • 取材
    • 撮影:吉元伸和、山本修身、関照男、森一生
    • 音声:井上聖司、北村俊典、滝田康昭、篠田光人
    • 編集:中澤丈、能宮幸恵、竹嶋夕貴
  • TM:竹本友亮(MBS)
  • TD/SW:上田一路、高瀬勝広(MBS)
  • SW:塚田哲矢(MBS)
  • VE:田村太平、藤森真二、鈴木哲也(MBS)
  • CAM:秋政菜々子、永間淳也(MBS)
  • LD:吉田和之、佐藤真史(MBS)
  • AUD:大谷紗代、長谷川優美、古川靖久、湊剛一(MBS)
  • MA:西川友貴、田中徳朗、直田輝彦
  • 音効:黒澤秀一、植田靖央
  • VTR:佐藤雅哉・川上忠士・石田良馬・北村真智子・村井充・藤井小春(MBS)
  • 美術:小谷唯史(MBS)
  • 美術進行:岡久世、木村真千子
  • タイトル:佐々木好一、中嶋恵子
  • オープニングCG:ケネックジャパン
  • 協力:関西東通[11]放送映画製作所アーチェリープロ、サウンドエースプロダクション、SpEED、シネブレーン、CBCクリエイション、毎日舞台、高津商会、インターナショナルクリエイティブ、モア、TOCO、D-FLAT NAGOYA
  • 番組宣伝:上村華乃子(MBS)
  • デスク:阿部能子(えむき)
  • AD:桂亮太、栗屋丈二、山内亜子
  • ディレクター:阿部淳人・遠藤伸哉・有本洋・河野哲也[12](えむき)
  • プロデューサー:堀素子(MBS)、谷口美希子(えむき)
  • 制作協力:えむき[13]
  • 製作著作:MBS

過去のスタッフ編集

  • ブレーン:東野ひろあき、玉田あい子/鎌塚百美、浜口尚弘
  • TM:高木久之、永松良仁(MBS)
  • TD/SW:喜多良平(MBS)
  • VE:京橋範彦(MBS)
  • CAM:吉元伸和(MBS)
  • LD:荒木崇(MBS)
  • AUD:高島一邦(MBS)
  • MA:田中聖二
  • 音効:大北由紀絵
  • VTR:野畑智樹・三宅一平(MBS)
  • 美術:内田公幸、前原清花(MBS)
  • タイトル:松浦次郎(えむき)、廣瀬康次郎、正冨大樹
  • タイトルCG:紀野伸子、村田英樹
  • オープニングCG:ケネックジャパン
  • 番組宣伝:辻井恵子・斧志保(MBS)
  • AD:平山崇(えむき)、小渕春奈
  • ディレクター:松本武史・中口慶三(えむき)ほか
  • AP:福井修(えむき)
  • プロデューサー:浦川雅至(えむき)

脚注編集

  1. ^ 2013年5月11日の放送(#240)で松尾が「この番組(に出演する家族)はみんな役者やらされるね」と発言した。
  2. ^ 2013年1月5日にMBSで放送された『おせちもいいけどおうちもね 住人十色 闘う家2013』より。「訪問者」はMCの松尾・三船だった。[リンク切れ]
  3. ^ 本放送とは別に、2012年1月21日の15:30 - 16:30に、MBSで同年元日に放送した60分SP『お正月も住人十色 新天地で勝負するアルジたち』、2013年3月17日の5:45 - 6:45に『戦う家2013』を放送した事がある(『戦う家2014』・『戦う家2017』は未放送。『戦う家2015』はMBSと同時ネット。『戦う家2016』はMBSから1日遅れの1月3日朝放送)。
  4. ^ MBSと同時刻ではあるが、MBSで#242を放送していた時間にBSSで#240を放送していた。
  5. ^ 以前は金曜 16:24 - 16:53
  6. ^ 一時期ネット打ち切りしていたが、現在の放送時間でネット復帰。
  7. ^ 2017年10月3日から現在の時間。2016年10月4日までは同日時で、同年12月21日から水曜19:00 -19:30、日曜 9:30 - 10:00は16年春クール以来翌17年5月28日に再開した。
  8. ^ 2010年3月より1年間は、一時期月曜14:59 - 15:28の枠で遅れネットされていたが、2012年6月に放送再開。その後2014年3月をもって打ち切り。なお、休止期間中も不定期放送されていたことがある。
  9. ^ HOMESTORYでの番組公式サイト韓国語)や、홈스토리 (HOMESTORY)での放送内容を記した日本語ブログなどを参照。
  10. ^ y+M design office(2011年9月26日のMBS放送分で紹介された「階段の家」の設計を担当)の公式ブログなどを参照。
  11. ^ 以前は東通と表記
  12. ^ 以前はFD
  13. ^ 2014年1月までMBS企画と表記

関連項目編集

外部リンク編集