メインメニューを開く
下部鉄道の廃線跡
予讃線新居浜駅 - 中萩駅間から

住友別子鉱山鉄道(すみともべっしこうざんてつどう)は、かつて1977年(昭和52年)まで愛媛県新居浜市において鉱石輸送や旅客輸送を行っていた住友金属鉱山運営の鉱山鉄道(一時期は地方鉄道)の通称である。「別子鉱山鉄道」や「別子鉄道」とも呼ばれた。また角石原駅 - 石ケ山丈駅間は「上部鉄道」、惣開駅 - 端出場駅間などは「下部鉄道」と呼ばれた。

伊予鉄道に続く愛媛県で2番目の鉄道(山岳鉱山鉄道としては日本初)として1893年(明治26年)に開業した。主に別子銅山から採掘された銅鉱石を製錬所港湾へと輸送する役割を担ったが、1973年(昭和48年)の別子銅山閉山を見届けた後、1977年(昭和52年)1月31日限りで廃止された。

目次

歴史編集

上部鉄道編集

上部鉄道
概要
現況 廃止
起終点 起点:角石原駅
終点:石ケ山丈駅
駅数 3駅
運営
開業 1893年12月 (1893-12)
廃止 1911年10月7日 (1911-10-7)
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線総延長 5.5 km (3.4 mi)
軌間 762 mm (2 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
 
角石原駅
 
一本松駅
   
石ケ山丈駅
 
索道
   
端出場駅
 
下部鉄道 -1977

概要編集

上部鉄道は標高800メートル以上の地点を、急峻な断崖の等高線にほぼ沿う形で敷設されていた。路線は急カーブが連続し、線路用地は石垣を築き確保されていた。カーブは133カ所に及んだという[3]

別子銅山で採掘された鉱石は、角石原駅(かどいしはら)で積み込まれ、途中交換駅の一本松駅を経由し、石ケ山丈駅(いしがさんじょう)で降ろされ、索道で下部鉄道(後述)の端出場駅(はでば)に輸送された後、新居浜港へ運搬されていた。ここより標高の低い第三通洞の開通により役目を終え、1911年(明治44年)10月7日、18年間で廃止された。

路線データ編集

  • 路線距離:角石原駅(標高約1100m) — 石ケ山丈駅(標高約835m)間の 5.5km
  • 軌間:762mm
    または、28ポンドレール単線、軌間2.6フィート(79.24cm)[4]
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化

駅一覧編集

角石原駅 - 一本松駅 - 石ケ山丈駅

接続路線編集

石ケ山丈駅 - 下部鉄道(端出場駅との高低差690mは自動式の複式索道で結ばれた)

下部鉄道編集

車両編集

蒸気機関車編集

  • 1 - 10
    1892年 - 1901年、クラウス製の車軸配置0-4-0(B)、11トン級のタンク機関車
  • 11
    1927年、日立製作所製の車軸配置0-6-0(C)、14トン級のタンク機関車。1948年、日本鉱業佐賀関鉄道に譲渡。
  • 12, 13
    1913年、クラウスの車軸配置0-6-0(C)、18トン級のタンク機関車。旧小坂鉄道7, 8。1928年入線。
  • 14
    1927年、汽車製造製の車軸配置0-6-0(C)、15トン級のタンク機関車。旧耶馬渓鉄道10.1948年、日本鉱業佐賀関鉄道に譲渡。
  • 15, 16
    1931年および1934年、汽車製造製の車軸配置0-6-0(C)、17トン級のタンク機関車。
  • 17, 18
    1937年および1941年、日本車輌製造製の車軸配置0-6-0(C)、18トン級のタンク機関車。
  • 19
    1943年、立山重工業製の車軸配置0-6-0(C)、21トン級のタンク機関車。
  • 21, 22
    1943年および1945年、立山重工業製の車軸配置0-6-0(C)、20トン級のタンク機関車。
  • 30
    1944年、立山重工業製の車軸配置0-6-0(C)、16トン級のタンク機関車。
  • 40
    1930年、若津鉄工所製の車軸配置2-4-2(1B1)、20トン級のタンク機関車。旧日本鉱業佐賀関鉄道ケ801

車両数の推移編集

年度 蒸気機関車 客車 貨車
有蓋 無蓋
1929 10 21 0 333
1930 11 24 5 377
1931 12 24 5 379
1932 12 25 5 379
1933 12 25 5 379
1934 12 23 5 391
1935 13 23 5 391
1936 13 23 5 407
1937 14 23 5 426

現在の姿編集

上部鉄道の現在の姿

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「地方鐵道運輸開始」『官報』1929年11月12日国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 『世界の鉄道』1978年版、朝日新聞社、138頁
  3. ^ 河野義知「高校生が継ぐ銅山の記憶◇別子で働いていた人にインタビュー サイトや本で紹介◇」『日本経済新聞』朝刊2018年9月11日(文化面)2018年9月13日閲覧。
  4. ^ 「別子三〇〇年の歩み 明治以降を中心として」25ページ 住友金属鉱山株式会社 平成3年5月9日発行 を参照

参考文献編集

  • 『鉄道廃線跡を歩く』 JTB、1995年
  • 沖田祐作『三訂版 機関車表』1996年、滄茫社

関連項目編集

外部リンク編集