メインメニューを開く

住友 友成(すみとも ともなり、1909年明治42年)2月20日 - 1993年平成5年)6月14日)は住友家16代当主で、最後の住友本社社長。アララギ派歌人でもあり、斎藤茂吉川田順(住友本社の重役)とも交流があった。歌人の雅号は「泉幸吉」。幼名は厚。男爵東山天皇男系七世子孫である。

目次

来歴編集

公職追放後は専ら歌道に親しみ、「雲光」や「途上」、「魚雷」、「青い霧」などの歌集を顕した。ペンネームの「泉幸吉」は、住友家の屋号「泉屋」に由来する。
  • 1946年(昭和21年)5月31日、爵位を返上する[1]
  • 2004年(平成16年)、俣野別邸が重要文化財に指定された
  • 2009年(平成21年)3月15日、俣野別邸が不審火で全焼。2011(平成23)年4月に文化財指定解除。

家族編集

系譜編集

他家との関連編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菊地四郎
 
 
菊地康夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菊地敏之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和子
 
 
菊地邦夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大木誠治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武田漸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜勢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佳子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜代子
 
 
武田康嗣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎久弥
 
 
 
 
 
 
八嶋廷
 
 
 
 
 
 
 
岩崎弥次郎
 
 
 
 
 
 
 
岩崎豊弥
 
 
和歌子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎弥太郎
 
 
岩崎秀弥
 
 
 
 
 
 
 
佳栄子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美和
 
 
岩崎弥之助
 
 
岩崎康弥
 
 
杉本甫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松山棟庵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とし
 
 
とみ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松山庄太郎
 
 
乃婦
 
木場貞長
 
 
阪西徳太郎
 
紀久子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勝田正之
 
 
 
 
 
 
勝田康裕
 
 
 
 
 
 
 
 
新宮凉介
 
小百合
 
 
 
 
 
 
 
勝田芳正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新宮凉庭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寿々子
 
 
紫津子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎正秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎精一郎
 
 
岩崎泰頴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鎮西清高
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小枝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
酒井忠博
 
 
由利子
 
 
 
 
 
 
酒井忠義
 
酒井忠道
 
酒井忠克
 
 
松平頼明
 
 
住友芳夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
住友信夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
香枝子
 
 
北島義俊
 
 
北島義斉
 
 
 
 
 
 
 
 
住友友訓
 
 
 
 
 
 
寿枝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
住友友視
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜代子
 
 
北島元治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
住友友親
 
 
住友友忠
 
 
住友元夫
 
 
岩尾正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
登久
 
 
満寿
 
 
 
 
 
 
 
登美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔煕
 
 
 
 
 
 
 
佐々木行忠
 
佐々木行美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司政通
 
 
 
 
 
 
 
住友友純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳大寺公純
 
 
西園寺公望
 
 
 
 
 
 
 
邦子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳大寺実堅
 
 
 
 
 
 
 
徳大寺実則
 
 
住友友成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
博子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安西正夫
 
 
安西直之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
森矗昶
 
満江
 
 
安西孝之
 
 
 
 
 
 
英照皇太后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭憲皇太后
 
正田貞一郎
 
正田英三郎
 
 
恵美子
 
 
 
 
 
 
 
孝明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正田巖
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
 
 
 
 
 
冨美
 
 
正田修
 
 
徳仁
 
 
 
 
 
 
中山慶子
 
 
 
 
 
 
大正天皇
 
 
 
 
 
 
上皇后美智子
 
 
秋篠宮文仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
柳原愛子
 
 
 
 
 
 
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
黒田慶樹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞明皇后
 
 
 
 
 
 
上皇明仁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
香淳皇后
 
 
 
 
 
 
清子
 

皇室との関連編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
上皇明仁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔平
 
鷹司政煕
 
鷹司政通
 
鷹司輔煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳大寺公純
 
徳大寺実則
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
住友友純
 
住友友成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『華族:近代日本貴族の虚像と実像』360頁
  2. ^ a b 八幡和郎「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」『新潮45』36巻1号、新潮社2017年1月18日、42頁。

参考文献編集

外部リンク編集


日本の爵位
先代:
住友友純
男爵
住友家第2代
1926年 - 1946年
次代:
爵位返上