住友精密工業株式会社(すみともせいみつこうぎょう、: Sumitomo Precision Products Co., Ltd.)は、住友グループの航空宇宙機器などの精密機械メーカーである。

住友精密工業株式会社
Sumitomo Precision Products Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証スタンダード 6355
2023年3月22日上場廃止
大証1部(廃止) 6355
2013年7月12日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
660-0891
兵庫県尼崎市扶桑町1番10号
設立 1961年1月5日
業種 機械
法人番号 4140001049416 ウィキデータを編集
事業内容 航空宇宙油機事業、熱交換器その他の産業機器事業など
代表者 代表取締役社長執行役員 髙橋秀彰
代表取締役副社長執行役員 板倉建郎
資本金 103億11百万円
(2021年3月31日現在)
発行済株式総数 531万6千株
(2021年3月31日現在)
売上高 連結:537億25百万円
(2024年3月期)
営業利益 連結:28億15百万円
(2024年3月期)
純利益 連結:22億20百万円
(2024年3月期)
純資産 連結:334億17百万円
(2024年3月期)
従業員数 連結:1,712人
単独:1,096人
(2023年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 住友商事 100%
(2023年3月24日現在)
主要子会社 SPPテクノロジーズ株式会社]] 100%
株式会社シリコンセンシングシステムズジャパン 100%
SPP長崎エンジニアリング株式会社 100%
関係する人物 住友元夫(元会長)
神永晉(元社長)
田岡良夫(元社長)
外部リンク www.spp.co.jp ウィキデータを編集
特記事項:住友商事の子会社で、住友グループ広報委員会参加企業でもある。
テンプレートを表示

1961年に住友金属工業(現・日本製鉄)の航空事業部門が分離独立した事業体。

主力製品・事業

編集

航空宇宙事業

編集

産業機器事業

編集

ICT事業

編集

主要事業所

編集

沿革

編集
  • 1961年 ‐ 住友金属工業株式会社の航空機器事業部門を分離し、住友精密工業株式会社設立。
  • 1970年 - 東京証券取引所大阪証券取引所上場。
  • 2012年 - 住友金属工業と新日本製鐵の合併により発足した新日鐵住金(現・日本製鉄)が筆頭株主兼支配株主となる。なお、住金物産(現・日鉄物産)や住友軽金属工業(現・UACJ)も企業合併に伴い住友グループから離脱したため、当社が随一の同系列母体の広報委員会メンバーとなる。
  • 2017年 ‐ 新日鐵住金から、上位株主の一社でもある住友商事株式会社へ売却。
  • 2023年1月 ‐ 住友商事が株式公開買付けにより議決権所有割合ベースで83.80%の株式を取得。日本製鉄との資本関係が無くなる。
  • 2023年3月 ‐ 東京証券取引所スタンダード市場上場廃止。株式併合により住友商事の完全子会社となる。

主要関係会社

編集

国内関係会社

編集
  • SPPテクノロジーズ株式会社(MEMS・半導体製造装置)
  • シリコンセンシングシステムズジャパン(ファウンドリ・MEMSの営業)
  • シリコンセンシングプロダクツ(ファウンドリ・MEMS)
  • SPP長崎エンジニアリング株式会社(航空機降着装置の整備)

海外関係会社

編集
  • Sumitomo Precision USA, Inc.(米・航空機器製造)
  • SPP Canada Aircraft, Inc.(加・航空機製造)
  • 寧波住精液圧工業有限公司 (中・油圧機器)
  • 住友精密工業技術(上海)有限公司(中・環境関連機器)
  • Silicon Sensing Systems, Ltd.(英・MEMSセンサ)

外部リンク

編集