メインメニューを開く

佐々城 豊寿(ささき とよじゅ[注釈 1]嘉永6年3月29日1853年5月6日) - 明治34年(1901年6月15日)は、日本の女権運動家。幼名を艶。姉の子が相馬黒光

来歴編集

仙台藩の重役・星雄記の五女として生まれる。戊辰戦争に敗北した旧徳川方の士族には、明治新政府に忠義を尽くすことを潔しとしなかったことと、欧米キリスト教団から資金援助が得られるという経済的理由から、クリスチャンになるものも少なくなく、星も娘の艶(豊寿)を東京に遊学させることを決める[1]。艶は1869年(明治2年)に男装して上京、中村正直が始めた私塾の同人社女学校で漢学を学び、さらにメアリー・キダーの塾(フェリス女学院の前身)の一期生として学ぶ。一橋女学校(女子高等師範学校の前身)で教え、医師で伊東家の婿だった伊東友賢と密通して女子ノブ、アイ、男子・佑を生む。のち友賢は伊東家から離縁され佐々城本支となり、入籍。

女子参政権運動編集

1887年(明治20年)「積年の習慣を破るべし」を『女学雑誌』に掲載し[2]矢嶋楫子らと東京婦人矯風会を結成し書記に就任[3]廃娼運動[4]禁酒運動をおこなう。1889年(明治22年)、婦人白標倶楽部を結成[5]女子参政権を求める[6]1895年(明治23年)、自宅に招いた日清戦争従軍記者の中に国木田独歩がおり、独歩は長女・信子[注釈 2]に恋して両親の反対を押し切って結婚するが、独歩の貧困により翌年離婚。信子は翌年、独歩の子・浦子を出産、この醜聞のため公的生活から引退する。

参考文献編集

出版年順

  • 神崎清『日本近代青春史』書物展望社、1941年。doi:10.11501/1127261NCID BN0595172X
  • 佐々城豊壽「積年の習慣を破るべし」『女學雜誌・文學界集』第32号、筑摩書房、1973年。 
    • 「婦人白標倶楽部の性質を演べて世上の一疑問に答ふ」
    • 「婦人文明の働」
    • 「印度の女傑蘭梅夫人」
  • 千野陽一『近代日本婦人教育史』ドメス出版、1979年。
  • 宇津恭子「才藻より、より深き魂に : 相馬黒光・若き日の遍歴」、日本YMCA同盟出版部、1983年。
  • 春田国男『日本国会事始』日本評論社、1987年。
  • 第2特集 世界に誇るしられざる東北不屈の偉人伝. “特集 華族”. 歴史読本 (KADOKAWA / 中経出版) (10月号電子特別版). (2013). http://books.google.co.jp/books?id=GYrUAQAAQBAJ&pg=PT189. 
  • 関口すみ子「第2章 : 雌鳥よ、夜明けを告げるな—佐々城豊寿と初期廃娼運動が直面した困難」『近代日本公娼制の政治過程 :「新しい男」をめぐる攻防・佐々城豊寿・岸田俊子・山川菊栄』白澤社, 現代書館 (発売)、2016年。全国書誌番号:22802419NCID BB22283930

関連文献編集

出版年順

  • 植木枝盛「東洋之婦女」、佐々城豊寿、1889年。
  • 小檜山ルイ「佐々城豊寿とその時代 (1)」『キリスト教文化』第1号、2013年、 136-154頁、 ISSN 2187-7009
  • 小檜山ルイ「佐々城豊寿とその時代 (2)」『キリスト教文化』第2号、2013年、 118-136頁、 ISSN 2187-7009

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 豊寿は「とよし」と読まれることもある。
  2. ^ 佐々城信子は雑誌『白樺』の連載小説「或る女のグリンプス」[7](加筆し『或る女』に改題[8])のモデル[9]とされる。

出典編集

  1. ^ 歴史読本 2013.
  2. ^ 女學雜誌・文學界集 1973.
  3. ^ 千野陽一 1979, pp. 62.
  4. ^ 白澤社 2016.
  5. ^ 千野陽一 1979, pp. 62, 78.
  6. ^ 春田国男 1987.
  7. ^ 有島武郎「或る女のグリンプス」『白樺』、洛陽堂、1911年-1913年。
  8. ^ 有島武郎『或女』叢文閣〈有島武郎著作集〉、1919年。NCID BA33808609
  9. ^ 小関三平「明治の「生意気娘」たち(上)ー 「女学生」と小説 (The insolent daughters in the Meiji Era (I) : the girl student and the novel)」『女性学評論』第9号、神戸女学院大学、1995年、 89-122頁、 doi:10.18878/00002149