メインメニューを開く

佐々木 丞平(ささき じょうへい、1941年4月23日 - )は、日本の美術史家。京都大学名誉教授。専門は江戸時代後期の美術。

目次

略歴編集

兵庫県に生まれる。1965年に京都大学文学部哲学科を卒業、のち同大学院文学研究科美学美術史学専攻博士課程修了。京都府教育委員会文化財保護部技官・文化庁文化財調査官などを経て、1990年「円山応挙研究」で京大文学博士、翌91年京都大学教授。2005年定年退任後は京都国立博物館長。独立行政法人国立文化財機構理事長。

1999年に正子夫人との共著『円山応挙研究』で、夫妻では初の日本学士院賞共同受賞。なお単著は初期研究以外無く、ほとんどが夫妻での共著である。他の共著でも、画集解説が大半である。2012年正月に皇居での講書始で「日本における外来文化受容の一形態 金碧障壁画の意味するもの」と題した進講を行った。

夫人の佐々木正子は日本画家でもある。1950年神奈川県生れで、東京芸術大学美術学部絵画科卒業。京都嵯峨芸術大学教授。

夫人との共著・編著編集

  • 『円山応挙研究』(中央公論美術出版、1996年)
     ※研究篇と図録篇の2分冊、正確な表記は「円山應擧研究」
  • 文人画の鑑賞基礎知識』(至文堂、1998年)
  • 蕪村 その二つの旅』(図録監修:朝日新聞社編、東京都江戸東京博物館大阪市立美術館、2001年)
  • 『円山応挙特別展 〈写生画〉創造への挑戦』(図録監修:大阪市立美術館、2003年)
  • 『至宝大乗寺 円山応挙とその一門』(図録編著:国書刊行会、2003年、改訂版2013年)
  • 『古畫総覧 円山四条派系 (全5巻)』(編著:国書刊行会、2001年-2005年)
  • 『古畫総覧 文人画系』(編著:国書刊行会、2006年) 
  • 『蕪村 放浪する「文人」』(とんぼの本:新潮社、2009年)
     小著の図版本、寄稿者は他に作家小林恭二と写真家野中昭夫。

初期の研究・編著編集

  • 『与謝蕪村 日本の美術』(至文堂、1975年)
  • 浦上玉堂 日本の美術56』(小学館〈ブックオブブックス〉、1980年)
  • 『江戸絵画1(前期) 日本の美術』(至文堂、1983年)
  • 花鳥画の世界6 京派の意匠 江戸中期の花鳥』(学研、1981年)
  • 『応挙写生画集』(講談社、1981年)
  • 『蕪村 逸翁美術館蔵品目録』(便利堂、1983年) 
  • 『円山・四条派 逸翁美術館蔵品目録』(京都書院、1984年)

他の共編著編集

  • 『蕪村全集 第6巻 絵画・遺墨』 尾形仂・岡田彰子と校注(講談社、1998年)
  • 『応挙 水墨画の巨匠 第10巻』(講談社、1995年)、他に解説担当は安岡章太郎
  • 『京都画壇の一九世紀 第2巻 文化・文政期』(思文閣出版、1994年)、※本巻のみ刊行、源豊宗監修
  • 『大雅と応挙 江戸の絵画(2) 日本美術全集 第19巻』 小林忠・大河直躬と解説(講談社、1993年)
  • 『日本美術全集 第24巻 文人画と写生画 大雅・玉堂・応挙』 
     河野元昭との解説 (学研、1992年、改訂版1994年)
  • 『与謝蕪村展 没後二百年』 鈴木進・尾形仂との監修(松坂屋日本経済新聞社主催、1983年)
  • 池大雅 日本美術絵画全集 第18巻』 鈴木進との解説(座右宝刊行会編、集英社、1979年)