メインメニューを開く

佐々木 勝利(ささき かつとし、1943年12月17日 - 2009年10月22日)は、日本のアニメーション演出家・アニメーション監督。神奈川県出身。

来歴・人物編集

日本大学芸術学部を中退後、東映動画(現:東映アニメーション)に入社し、『魔法使いサリー』・『ゲゲゲの鬼太郎』・『ひみつのアッコちゃん』・『もーれつア太郎』などの演出助手を経て、1970年頃より演出家としてのキャリアをスタートした。『魔法のマコちゃん』・『魔法使いチャッピー』・『バビル2世』などの演出を担当した後、東映動画を退社。

フリーランスとなってからは、『闘将ダイモス』・『未来ロボ ダルタニアス』・『無敵ロボ トライダーG7』・『最強ロボ ダイオージャ』など、日本サンライズ(現:サンライズ)制作のロボットアニメに演出家・監督として参加した。この他、『シートン動物記 りすのバナー』や『ミームいろいろ夢の旅』などの日本アニメーション作品ではコンテを担当(他社の数作品でも、コンテを描いた)。

1980年代後半は『トランスフォーマーシリーズ』の演出を主に手掛け、最近は『ふたつのスピカ』や『地球へ…』などの演出を担当していた。

2009年10月22日午後2時45分、肺癌のため東京都清瀬市内の病院で逝去。享年65。

主な参加作品編集

関連項目編集