メインメニューを開く

佐々木 啓司(ささき けいじ 1956年2月7日[1][2][3] - )は、クラーク記念国際高等学校北海道本校硬式野球部監督。元駒澤大学附属岩見沢高等学校野球部総監督、部長、監督。

佐々木啓司
生誕 (1956-02-07) 1956年2月7日(63歳)
日本の旗 日本北海道美唄市
職業 高校野球監督、社会科教諭
配偶者

目次

人物編集

  • 小学校で野球を開始、駒澤大学附属岩見沢高等学校、駒澤大学卒。大学時代は準硬式野球で主将・捕手だった。
  • 1978年に母校でもある駒澤大学附属岩見沢高等学校に着任し、野球部顧問となり打力中心の「ヒグマ打線」を率いる。高校野球の部監督としては1983年(昭和58年)に第55回選抜高等学校野球大会に初出場ベスト8、1993年(平成5年)の第65回選抜高等学校野球大会でベスト4が最高成績、1998年(平成10年)の第80回全国高等学校野球選手権大会と2007年(平成19年)の第89回全国高等学校野球選手権大会にも出場した。
  • 2008年2月24日 - 野球部監督就任30周年を記念し、公式ファンクラブ「竹栴会」(ちくせんかい)が設立された。
  • 2008年4月8日 - 前部長の校長就任に伴い、監督を退任し部長兼総監督に就任。その後高橋真次が監督に就任。
  • 2014年 - 駒大岩見沢の閉校により退職。同年、クラーク記念国際高等学校北海道本校硬式野球部監督に就任した。[4]
  • 2016年 - 第98回全国高等学校野球選手権大会に出場。同大会では次男の達也に監督を譲り部長に退く意向であったが、最終的には監督として出場。翌年以降も監督を続けている。

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ クラーク記念国際高等学校. “スポーツコース・硬式野球部”. 2016年9月25日閲覧。
  2. ^ 週刊朝日増刊号 第89回全国高校野球選手権大会」、2007年8月15日
  3. ^ スポーツ報知、2014年4月1日
  4. ^ 佐々木啓司監督就任記者会見

外部リンク編集